カテゴリー別アーカイブ: そこらへんの神さまスケッチ&ラッキーシンボル

そこらへんの神さまスケッチ&ラッキーシンボル

Suchmos [MINT], [Pacific]

新木場スタジオコーストにサチモスのライブに行ってきました。
がっつりハートをつかまれてしもた・・・
ということで今日のそこらへんの神さま絵は
聞いたばかりの曲の[MINT]と[Pacific]
ライブで聞く曲は、耳で聞くじゃない
体で聞いて目で見て満足して
そこの空気にのっかって
音楽の体験って楽しいなあ。
そういう空気を焼き付けてダッシュで

[MINT] Oil Pastel / Size : 13*18cm


[Pacific] Oil Pastel / Size : 13*18cm

Oil Pastel / Size : 18*24cm
2017年5月3~14日 第10回NGPアンデパンダン展
そこらへんの神さま絵とは?
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

砂の顔

黒い砂は掘ればキラキラ
描けばニッコニコ

いつものそこらへんの神さま絵は神性を感じるものに出会っては描いていますが
海に来て裸足であるいていると
砂は砂そのものが何か大きなものを感じさせてくれて
触れ合ったり眺めているだけで
そこに何かを見つけたくなる。

2017年5月3~14日 第10回NGPアンデパンダン展
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

うずまく

久しぶりに大好きな砂浜に行って
丸腰なので挨拶代わりにそこらへんにある木切れとか貝殻とかで
あれこれ描いてきました。

渦巻をひたすら描き続けてると(布に描くときも同じく)
今日が平和な日だったら
それが少しでも長く続くようにと願う「永遠」って言葉や
「日日是好日」ってのもなんだったっけ?ってよぎる。

その一方で波は容赦なく描いたものを流していく。
かなりマジかなタイミングで。
(写真は、だいぶ流された図です)
人間のじたばたなんて一瞬
それでも砂をあっちにやったり、こっちにやったり、
ざらーっと流されてはまた動かしてを繰り返している自分がいる。

砂を右にやったり左にやったりしながら、
まるで徒労か?と思うような流されっぷり
こんな風に何もなかった一瞬のように
人生って終わるのかな。
それでも右に左に生きていく。
いいじゃないかって気になれるのも海の良さ。

プラスチックごみの海洋汚染が気になるこの頃なので
http://www.afpbb.com/articles/-/3125738
とりあえず半径1mの範囲内のプラスチックごみを拾ってく。
結構あるなあ。

ではよい週末を!

marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

「いのり」


今日のそこらへんの神さま絵は「いのり」

四六時中 善い人でもなく、だからと言って特別害があるでもなく
とりわけ褒められることもなく、
どっちかというと煩悩は大盛で
ピーとかヒャーとかアップダウンもありつつ生きています。

そういう中で一日の数十秒でも
ちょいとキャンドルに火を灯し、
何かよきものに繋がろうとか
大切な存在を励ましたり、自分を励ましたり
まあまあの人にもまあまあ応援を・・・込めた「いのり」
相変わらず試行錯誤の個人的な心の世界に映るものを
今日も描き留めるのです。

Oil Pastel / Size : 18*24cm
そこらへんの神さま絵とは?
アドベントスケッチ、そこらへんの神さま絵の販売について
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

「脱兎」

「脱兎」

今日のそこらへんの神さま絵は、ウサギ学の新刊本を見かけて、あらもうすぐイースターね
ということでウサギ。。。
それにしても副題が「隠れることと逃げることの生態学」って ウサギの弱っちさ。。って思ってしまうのは人間基準なんでしょね。
生き物の大事なことは、生き延びることだもんね。

前にドラマの「洞窟おじさん」(13歳で犬といっしょに家出して洞窟でおじさんになるまで暮らした人の実話)を見て、毎日とにかく山の中で食べられるものを探して食べて雨風を防ぐ、その繰り返しだったのが、ある時お金になる植物を見つけて売ることを知り、お金で食べ物が買えるようになると時間が出来て 友だちになった人が信用できるとか裏切られたとか、そういう悲しみで心が埋められていく。ああーなんかわかる。。。一体どっちが幸せだったんだろ。
そんな弱さも逃げ腰にも親近感わきまくりで今日は脱兎さ。

Oil Pastel / Size : 2L(18*13cm)
アドベントスケッチ、そこらへんの神さま絵の販売について
そこらへんの神さま絵とは?
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

「となりのぼくちゃん」


今日のそこらへんの神さま絵は「となりのぼくちゃん」です。
飛行機に乗る予定が新幹線になってしまい、なんとなく空いた車両で隣の列にやってきたおしゃべり上手なぼくちゃん。
頭で考えてることがダダ漏れで こっちを見ながら向こうの新幹線が見える席が良いと訴える。
おばさんはテーブルに遊び道具を広げてるので さあさあ代わりましょうって状態でもないし、私の隣に座る?って誘ってもお断り。そこは達人のお母さまが美味しそうなパンを食べさせて ぼくちゃんの心はあっという間にパンに釘付け。静か〜になりました。
その隙に気づかれないように サカサカ〜っと描き描き。
子どもがいるおかげで大人同士が話すきっかけになったり、大人は口に出さないけど正直なところそう思ってるのよねって良いことも そうでもないことも気づかされたり、年の近い大人とばかり話してると味わえないパターン。おもしろい。

Oil Pastel / Size : 2L(18*13cm)
アドベントスケッチ、そこらへんの神さま絵の販売について
そこらへんの神さま絵とは?
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

「トリ・モクレン 2、3羽」

今日のそこらへんの神さま絵は「トリ・モクレン 2、3羽」です。
以前住んでいた家の近くに 立派なモクレンの木があって、その木は必ずシーズンオフ的な時期に こんなに切り落とすんですか!?って素人目には残酷なってくらいの勢いで剪定されのです。しかし、花咲くシーズンになると立派な花に。

モクレンの木の気持ちも、植木屋さんのハウツーもよくわかりませんが、生きものは花の時期を迎えるのに もしかしたら当人にも周りにもわからない剪定があるのかもしれないなと、あのギャプを見るたびに思うのです。

Oil Pastel / Size : 2L(18*13cm)
アドベントスケッチ、そこらへんの神さま絵の販売について
そこらへんの神さま絵とは?
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

「トリ・モクレン 1羽」


今日のそこらへんの神さま絵は「トリ・モクレン 1羽」です。
夜な夜なハクモクレンの木の花や蕾を見るたび
あらトリがいっぱいなんてよく思ったものですが
ならいっそ トリとして。

Oil Pastel / Size : 2L(18*13cm)
アドベントスケッチ、そこらへんの神さま絵の販売について
そこらへんの神さま絵とは?
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon