月別アーカイブ: 2015年6月

これはなんですか?

「これはなんですか?」
「これはペンです」
外国語を学ぶときによく聞くパターンの会話。
日常で使わないよ―なんて思うけど、そもそも大人になると余程珍しいものでもない限りそれがなんであるかを他者から説明されることも少なくなる。

話は変わって自分で自分の為にご飯を炊くようになって以来、気がついたらずっと白いご飯を急速に炊きたくて仕方なかったと思う。
ハラペコってのもあるけど。30分水にひたすとかも、しなくてもそれなりの味に仕上がるなら出来ればやりたくない。一時は無洗米を使ったり、とにかく早く炊きあがって欲しい。この頃なんか そんなに研がなくても 美味しいんじゃない?って考え始めたり堕落の一途をたどっていた。
そんな私が最近あることをきっかけに土井善晴さんブームで一冊読んでみようと思ったのが土井さんの「マンガ版お料理入門」ご飯を炊くから始まるのだが、いきなりそこで
「お米は乾物です」
「お米をとぐということはぬかを落として乾物である米を水で戻すということです。」と
さらっと書いてある。さらっとなのに響いた。
日々耳にするのは米、炭水化物、糖質、太るーとか
その角度でばかりしか米の話が入って来なくって米についての成分ばかり。

そこに全然違う角度からただ本質の「米は乾物です」
だから「水でもどす」が来た。
ああ、そうだよね、米、乾物なんだよね
良いも悪いもない、なぜかこの当たり前なんだけど米の本質をついた説明にじゃあちゃんと水につけてから炊こっかな・・・
あ、美味しい・・・
あの面倒でたまらなかった浸す時間が
本質を知ることで妙に楽になってる。w
一時のブームだとしても早炊オンリーからの脱却は大きい。
たまに身近なものでもこれは一体なんなのか?これはなんですか?と、自分なりに定義を確認してみたり、こうであるって定義してみると発見があると思った。

marumocci art shop

Yさんのオーダー製作 染め 紐パウ・スカート 『アナタノ ソライロ・パウ』

       

 Yさんのオーダー製作 染め 紐パウ・スカート 『アナタノ ソライロ・パウ』

Yさんのお写真とこんな風に踊れるようになりたいというイメージを伺って製作しました。

フラを踊る方はもちろん、日常でボリューム感もあって美しい私だけの色を身につけて楽しみたい方からのご注文も承ります。

marumocci art shop
オーダー製作染め 紐パウ・スカート 『アナタノ ソライロ・パウ』受付け

marumocci [Your very own pa’u ]

Hand Made In Japan Fes’ 2015

  7月25日26日 はハンドメイドインジャパンフェス2015に出展します。
ブース番号発表もあり、出展証も届き、あと一ヶ月ちょっとどんな二日間になるのか楽しみです。
私自身2013年にこの展示を見に行ったことがあって、そこで欲しかった〜!!って思う陶器と出会うことが出来ました。
一斉に様々なクリエイターが集まる場の予想のつかない刺激にわくわく。
そしてなにより いつもはネット上での発表ややりとりのみですが、今回は直接作品と一緒にお会いできるチャンス。
会場にお越しの際はぜひお声かけてくださいね。

HandMade In Japan Fes’ 2015
開催日時:2015年7月25日(土)・7月26日(日) 11:00~19:00
場  所:東京ビッグサイト西1・西2ホール 
     ブース番号 A-214(ファッションアクセサリーエリア) 
     東京都江東区有明3-11-1  TEL:03-5530-1111
★最寄り駅:りんかい線 「国際展示場」駅下車  徒歩約7分
      ゆりかもめ 「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分
バス、車、水上バス等、その他のアクセス方法

Hand Made In Japan Fes’ 2015のfacebook
Hand Made In Japan Fes’ 2015のTwitter

サボテン通信

ウチワサボテンの赤ちゃんが生まれる季節になりました。
これは生まれた直後。ちっちゃいw
 
  


  

それから一週間後。
トゲトゲまだ柔らかいので触れます。

    

大人びてきた2週間目、トゲトゲも触ると痛いよ。
 

   

気づいたらすでにこの子らとの付き合いは10年を超えていて、いろんな時代がありました。
賃貸アパートの一階に住んで地面に一回だけ植えてしまったことがあり(切れっ端を置いていたら増えたという方が正しいかな)その成長っぷりもすごく ここは映画で見たアンドルーワイル博士のいるアリゾナか??って突っ込んでもいいくらい繁茂。結局大家さんが植木屋さんを呼んで 雑草抜きのついでに撤去されたこともあった。ごめんなさい、ごめんなさい。(いろんな方に向かって なんちゃってホ・オポノポノ言わざるを得ない状態)

鉢植えの状態で窓辺のフラワーボックスに置くのか地面に置くかでも全然成長のスピードが違って衝撃を受けたこともある。

その後 3ヶ月家と荷物を引き払って旅に出るとき、友達の家に預けに行くにも大きすぎて運べないから、かなり切り落とし。。。その預けた先で初めての根腐れでさらに半分以下の大きさになり、またそこから元気を取り戻して、たまに 大きい一枚を切っては里子に出したりを繰り返して 今のサイズにいたるのです。

この子らのすごい生命力にも感動するんだけど、あの鉢植えを窓辺に置いた時と地面に置いた時の露骨な違いも忘れられないものがある。地面の土、そのまだまだ下に眠るめったに目にすることのない地下からのエネルギーをもらって生き物は知らないうちにのびのびしたりしてるところもあるんだろうな。
marumocci art shop

marumocci art shop2周年!

なんとこの5月でマルモッチアートショップは2周年
2才になりました。
パン・パカ・パーン!!☆☆☆
おめでとう~(自分で盛り上げてます)

インターネットのお店の中で顔は見えないのに
なんとなく見えるようなそんな感覚を信用して
お買物やご注文、たくさんの応援、感謝しています。

そしてなんと3年目突入を記念しまして
ショッピングサイトにクレジットカード、コンビニ決済などの機能を追加
ますますウェブショップらしくなりました。

今年は海外への扉を開けていくのもテーマな私は
海外への配送対応も行います(EMSが対応できるエリアで)
今まで海外からサイトをご覧くださった方にも
楽しみの幅が増えるのでは!?

マルモッチ・アート・ショップは
マルモッチが地球の旅で日々出会う生き物、自然、様々なことがらに
インスピレーションを受け、祝福を込めて色や形に表現していく作品のお店。
ブログではそんな日々感じたことを綴り、アートショップでは形にしていきます。
まだまだヨチヨチ、でも一歩一歩少しずつでも進むよ。
今後ともよろしくお願いいたします。

marumocci

marumocci art shop
marumocci facebook