月別アーカイブ: 2014年6月

ご感想「リーディングによるシンボルカラーアート」 Eさんからいただきました

ご感想ありがとうございました! 

*******************************
でかけていて、昨日やっとシンボルアートと逢えました!

緑だ。。!水~の感じは自分でなんとなくキャッチしていましたが。
服でもあまり身に着けない緑色が、斬新で!

なつかしくも新しい自分と出会えたようです

植物♬ヘナのときも、葉のブレスレットがとっても気に入っていたので
うれしいです。自分がこんなに植物と通じていたとは。。!

一生の宝物をありがとうございました★

他のテーマでもまたお願いしたくなりました^^
(同じテーマでも、年月が経つと変わってくるのでしょうか。。?)

またヘナや占いでお会いしたいです♪
そのときは、またよろしくお願いします◎

*******************************

「リーディングによるシンボルカラーアート」は
期間を開けて同じテーマでも大丈夫です。
テーマはこれから増やして行く予定です。

リーディング&ヘナアートについてのご予約方法につきましては
近日予定を発表いたします。
もうしばしお待ちくださいませ。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

オーダー製作「リーディングによるシンボルカラーアート」 Eさん

ReadingArt20140626 005

ReadingArt20140626 007

ReadingArt20140626 008

オーダー製作「リーディングによるシンボルアート」(アクリル画)
Eさんのための製作、今回はお誕生日の記念にご注文いただきました。

ご本人の最近のお写真をいただいてリーディングでお描きします。
以下の3つからお選びいただけますが、こちらは3番目のハートのお守りです。
1)行動力、男性性サポートするお守り
2)ゆたかさ、女性性をサポートしていくお守り
3)ハートのお守り

・ご希望の方にはミニ・リーディングメッセージをお付けします。
・フレームに入れてお届けします。

今現在の貴方の色をお部屋のアクセントにしたり、自分の応援に☆
marumocci art shopからお申込みいただけます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

ヘナ・アート「池の蓮 池の鯉」

Henna201406

Hennna201406

この頃いくつかのことが重なったりして
始まることと終わることと同時進行で
オタオタしそうな自分もいたり
どれも一つ一つを大切にやっていきたくて
一歩一歩踏み出すお守りに
足をヘナ・アートで装飾することにしました。

足は手と比べると日常自分で見ている時間も短いので
忙しい中にも目の端にちらっと入れてウットリ・・・
そういうわけにもいかず、ふとトイレやお風呂に行った時の
一息入れる時に
「あ、鯉がこっち見てた!」って気がついたり
違った発見が出来て面白いです。

今回の鯉は湯船に浸かった時、泳いでいるような
感じがしてくるんですよ。ムフフ。

それからサイトのギャラリーに作品を
まだまだアップし切れていなくて、
近いうちにヘナ・アートも写真も
ご覧いただけるようにしようと準備しております。
(ちょっと宣言して 行動を早めようとしてる)

それから今のところイベントでの
リーディング&ヘナ・アートの予定はありませんので
ご希望の方は個別にショッピングサイトの
お問い合わせからご連絡ください。

marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

「Happily」

大好きなOne Directionの曲「Happily」が
映画「好きっていいなよ」に使われたらしいと
小耳にはさんで、You Tube のスペシャルトレーラー早速観た。
バリバリの高校生の少女マンガ恋愛もの
こっぱずかしくてここに画面を貼り付けられまてん。

ウキャー。
One Directionの曲の世界ってこんな感じに合う!合う!!
(だから高校生に人気なのね・・納得)
特に「Happily」の快活で明るい曲なのにブロークンハートの匂う系。
しかも映画ほとんどあらすじが分ってしまう(いいのか?)

そこでハタと気づいてしまう。
昔少女マンガで見たような恋愛の物語に 
もう感情移入できないんじゃないか?ってことに。
10代だったらキュンキュンきながら見てたのかも
(って既に想像ダヨ オッカサン)

だからポジティブな感情もネガティブな感情も
良いか悪いかでストップかけたくなるけど
感じられる今がそのまま素敵なのかもしれないなあ。
ネガティブな気持ちはあまり感じ続けたくないけど
それも長く続かないかもしれない。わからない。

日本にまだスタバとかタリーズが無かった時代に
イタリアに行ってバールでカプチーノを立飲みしたり
道にテーブルを出して飲んだりできることを知った感動とか
こんだけカフェが氾濫して
今同じ感情を味わうことができるだろうか。

そんなこと考えたら感動って
世界の条件と自分のアクションの出会い頭の産物に思える。

とにかくOne Directionを見て、
高校生に共感もできてなさそうだし
歌詞が胸を打つわけでもないのに
なんだか大好きで楽しくいられる理由の分らない今が一番楽しい☆

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

展示会でのディスプレイ

iphone20140622 123

iphone20140622 135

iphone20140622 145

ご縁あってブースのディスプレイのお手伝いなどで
先週は東京ビッグサイトの
「パティスリー&ブーランジェリージャパン2014」におりました。

展示会のブースって気合いも お金もかかったものを
イメージされる方もいらっしゃるかと思うんですが
低コスト、少ない手数でより効果的に
なるべく多くの展示会に出る派もあって
よくあるレンタル品と手持ちの什器でまかなう
そんなやり方もあったりします。
(肝心なのは商品とお客さまが出会うことなので)
そんな状況に今までもお声がかかることがありまして
今回もそんな感じでブース作りに励んでまいりました。

やってみて、率直なところ必要とする人に出会えたり、
出会う瞬間に立ち会うって楽しい~。
しかも2日間いたので、初日の人の流れを観察して
(お客さんはもちろん説明員さんの動きも含め)
次の日により動きやすい形に変更可能なのも 
簡易なディスプレーの強み。
その結果を目に出来るのも面白いし、
ディスプレイって結果のここにたどり着くには、物はこう置くと良いかもみたいな
ちょっと論理的だったり左脳的なもの多いので
私の中でも働く脳みそのエリアが違う感じがあって刺激的。
また機会があったらぜひやってみたいです。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

めぐり逢ったら いいねっ!

Polo shirts20140525 001

ブログで植物の写真をアップしていると
後で直接会う方に育てるの上手なのねえ~と褒められて
内心ウッフッフ、しめしめって思っている。
なぜかって、それは上手く言っている数の
たぶん倍以上は失敗してるから。

柑橘類の木を買えば、芋虫だらけになって
あまりの怖さに抵抗もできずに
一枚も 葉がなくなるまで食われて
冬に枯れつくすまで近寄らなかったこともある。
 
またある時は枝豆の苗をルンルンして買って
これでこの夏は自家製枝豆でビールだ~!と
喜び勇んで植えた一週間以内にアブラムシの毛皮を着た
枝前の苗の前に呆然として、しばらく庭を見なかったこともある。

ものすごい逃げ腰、現実を受け入れられなさをこんなに感じることないし
食べ物になる植物を育てる難しさは半端なくって
今度はこうしてみようとか考えるより
もう大人しく買って食べる!って決断になるくらい
無力感大!(笑)
テレビで葉物の農家の人の姿みると尊敬のまなざしよ・・・

そういえば去年立体作品を作ったのだけど
実は子どもの頃一番苦手だったのが粘土造形。
重力に負けて思い通りの丸い形が全然つくれなくて
球体がやむを得ず栗になってしまったことが忘れられなくて
ほとんどトラウマなんじゃないかってくらい不快だった。

そんなこんなで遠ざかっていた立体
ある時かなり太めのインセンスをプレゼントしたかったけど
専用のものが 全然心ひかれなくって・・・
仕方がないので頭に穴の空いたイルカの立体を作りました。

結局自分では思い通りに作れた。
しかしあの日の栗からの今日まで
そんなに立体に時間を割いて練習してなかった。
だけどある日戻ってきたら出来るようになっていた
人間の脳とか手って、全然関係ないことをやっていても
どこかでちゃんと成長してんのね!?ってビックリしたのを覚えてる。

オカリナを練習してみた時も
夜ガッチがちに頑張ってできなくても、次の朝できたりとか
その間は一体??ってことが当然のようにある。

ぐるっと時間を超えてもう一回出会い直してみたら
違う体験がある
その時に取り組んだ私とは別の私がここにいるのよねえ。

あ、この前通りかかったビルのロビーで
アンドレ・ギャニオンの「めぐり逢い」(平原綾香「明日」)を
ピアノ、フルート、チェロで生演奏してたけど
あれ、いいねっ。

marumocci art shop
6月21日 夏旅の友、ビッグTシャツ&ガーゼ・ストール、足袋作り ワークショップ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

黒について

Poloshirts2014 103

今回これはまたいい感じにポロシャツを
黒く染めたので黒についてふれてみることにしました。

私にとって黒は「休息」からの「集中」に最適な色です。
例えば、ゴロゴロしたいけど、
部屋を片付けてからとか、
それを済ませておかないと集中して
休むこともできないわいっの状況によく黒を着ています。
ぼーっともしてるけど、シャキっともする。
色々なセンサーをオフして、気を散らさずに
最低限のことに集中して
深い休息を作り出す「ポーズ」の色。

肉体が弱っている時、精神的な落ち込みの充電に使う色も勿論ある。
黒の場合は充電もしたい、でもじっとしていられない
この先があるから今をしっかりと・・・
じゃあ一瞬リセットを挟み込む 
一見ちょっとわがままにも見える休み方みたい。

コース料理のお口直しとか
(口の中が今までの流れの味覚をリセット)
楽譜に休符があるような感じとか
(曲が終わってるわけじゃないけど音はない)
そういうポーズです。

ポーズと言えばってことで
ヨガをやっている友だちに聞いたら
「ヨガはね、ポーズをしたら必ず
“シャーバアサナ/死体のポーズ”っていうのを
セットで本当はポーズになるのね」
そう教えてくれました。

もしかしたら色んなところで
一個一個のことを効果的に?無事に終えるために
直前や直後での「停止」、「休息」、
「死」に象徴されるようなものを積極的に
挟み込む文化や仕組みがたくさんあるのかもしれない。

そういえば今回の黒を染めて驚いたのは
黒の染料を使うほど、
そこに光があるのを強く感じたことだった。
やっぱり黒って、闇の中にぐっと集中させてくれて
新しく明るい境地にパッと連れて行ってくれる
ブレイクスルーに向けて反動の色でもあり
成長には休息を上手に挟み込むことが不可欠な気がしています。

深く休める「休息の色」さてどんな色を思い浮かべますか?

marumocci art shop
6月21日 夏旅の友、ビッグTシャツ&ガーゼ・ストール、足袋作り ワークショップ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

ピンクにまつわる

MPS00603

色にまつわるイメージは日々変わってると思うんです。
だから今回のピンクを染めている時に
感じたことだけを書いてみます。

ピンク、それは「見守られている感覚」
そういうと 四六時中?とか
何か特別な存在とか。
色んなイメージがあると思うのだけど

社会生活をする上で色んな場面で
お金と交換に何かのサービスを受ける。
そういうの当たり前に思うかもしれないけど
そう思えるのは案外幸せで
やっぱりどんなサービスにもお金と交換とは関係ない
「よかれ」くらいの良心が
わずかでも大量でも乗っかっているんじゃないだろうか。
喫茶店の店員さんでも、お医者さんでも駅員さんでも
近所のおばあさん、赤ちゃん
ほんのちょっとすれちがうそれだけのような
遠くで誰かがあなたを元気だったらいいな・・・くらいに思いだすくらいの
そんな「みまもり」
小さくて ほんのちょっとあたたかい視線
そんな風にピンクを感じながら染めました。

今日あなたにとってピンクはどんな感じですか?

marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon