カテゴリー別アーカイブ: Local Gods, そこらへんの神さま絵

そこらへんの神さま絵

ファティマの聖母 / Nossa Senhora de Fátima

今日のそこらへんの神さま絵5月13日はファティマの聖母の日にちなんで聖母を描きました。
数日前にいつもと違う道を通って、キラキラする雑貨屋さんを見つけて
入り口右手をじっと見てたらふいに振り返ると
FATIMAと書かれた像が
わあ、、、すてき。。。じっと眺めてしまいました。
像からくるものなのか、何体もそういう像がある中で
そのファティマだけ特別惹きつけられました。

ファティマって「アルケミスト」ってお話にも出てくる女性の名前だったなあ
気になる~と検索したらウィキに。
「ポルトガルの小さな町ファティマで起きた、カトリック教会が公認している、聖母の出現の一つ」
妙にリアルで、わりと近代の奇跡的なことだったようです。
なんとも素敵な出会いに、どうしても13日になったら描こうと決めていて
気づいたら夜でした。

やっぱり描いた後に思うのは
祈りや愛といったポジティブなものをテーマにして
まるでいい人のように思われることもありますが
まあ、その逆の心がどんだけあるんでしょうかって
現実に直面することのほうが多い。

それに一瞬一瞬出会う祝福ですから
じゃあ2瞬目は?ドンゾコ?
なんてことも多々多々、、、たたたたた・・・たらららったら・・・
歌でも歌わないとやってられません。
それにしんどいわ~となるけど
やっぱり日々こういうウワーステキーと心揺さぶられる出会いがあって
今この感じた印象を描き残したい
描く幸せ、あーなんて楽しい・・・って状態がドバーっとあると、
色々なことがナンダコニヤロヤッテヤルゾと
馬力に変わってくれる不思議があるなと
それが祝福なのかと、
嬉しい半分ちょっとむかつく半分です。

[ファティマの聖母 / Nossa Senhora de Fátima]
Oil Pastel 18X24cm

そこらへんの神さま絵とは
そこらへんの神さま絵の販売について
marumocci art shop

「おに」

今日のそこらへんの神さま絵は 「おに」です。

目に見えないとされてる世界とか、どこまで?何を?有りにしてるんでしょうか。

わたしには鬼って有りって心に刻まれる気がするわと 浮かれて雲の上をのぞき見ました。

トイレにゃ神さまがいるから 綺麗にするとなんとやら。そんな見返りギラつかせたご利益パターンを脳みそというか人生のモットーに刻みこんでいくのは どうなんでしょう

月蝕を 理屈で説明聞い理解できた上で見る幸せ、理屈がわからない時代の不安と神秘。前の自分には戻れない。

SNSで友人に会わなくても何してるか分かる楽しさ、全くわからないから 想像する楽しさ。

知りすぎた興ざめ、胸焼け、萎えをどれだけ自分で調節するか、現代結構ここの創造力が求められているように思うのです。

[Japanese goblins ]
Oil pastel on cardboard /size: 24 x 18 cm

そこらへんの神さま絵とは?
アドベント絵・そこらへんの神さま絵の販売について
marumocci art shop

「はじまりの音」無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第二番 BWV1004 シャコンヌより

今日の夜そこらへんの神さま絵はヴァイオリニスト中丸まどかさんが演奏されたバッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第二番 BWV1004 シャコンヌより「はじまりの音」です。

先日の絵もバッハの曲だし 有名だからYouTubeで聞けるかなあと思って 探して夜な夜な聴きまくってたら、なんだか全然違う。。。

音は体で響かせて 体験として楽しむブームの自分にとって この違いは 聴きに行くか 体験した時の感覚を絵に残すしか手はないのね。ああ そういうもんかと納得してあらゆる電源を落として床に着こうとしたその時。

聞こえたんです。

どこからともなく小さなヴァイオリンの音色が。

えっと。どこかの機器の電源落とし忘れたかな

いやいやスマホかな。

どれも違う。

こんなにクリアな幻聴!?

いよいよそんなやばい現象が!???

いやいや、もっと君をすませて。。。

真夜中

窓を開ける。

外でヴァイオリンを奏でる人がいる!!

どんな事情かさっぱりわかりませんが すごく寒いよ。とにかく本当の音源が分かって安心。

現実が一番幻のような夜でした。

my drawing inspiration from J.S. Bach [ Chaconne from Partita No.2 in D minor, BWV 1004 ]

そこらへんの神さま絵とは?
アドベント絵・そこらへんの神さま絵の販売について
marumocci art shop

[ Jukka Eskola Soul Trio ]

ある日自転車でギャラリー探しの旅の途中、一見ギャラリーに見えない どんな道楽スペースなんだと思った場所、そこは結局ギャラリーで、なんだか素敵なCDやレコードの展示をされていたので(それは全部フィンランド産の音楽) ふらっと入ったのがきっかけで出会ったシオミさん主催のフィンランドでお祭りを意味するJuhla (ユーラ)というイベントに 行ってきた。

本場からユッカ・エスコラ ソウルトリオを始め 音楽にアートにフィンランドの雑貨や食と 隅から隅まで フィンランドしてた贅沢な時間。

トランペットのユッカエスコラさんの音色が 日だまりの暖かい粒をこちらにまいてくれているようで、大雪の翌日にぴったりだった。はるばるありがとう〜

[Jukka Eskola Soul Trio]
Oil pastel on cardboard /size: 24 x 18 cm

そこらへんの神さま絵とは?
アドベント絵・そこらへんの神さま絵の販売について
★ 1月4日〜20日「一人一展」
marumocci art shop

「水と緑のいのり」

今日のそこらへんの神さま絵は「水と緑のいのり」

やっと天野尚さんのNATURE AQUARIUM 展に行けた。
水景クリエイターである彼の
自然とともに生きてきた創作の道のりを辿り、
世界中の自然の写真、
彼の作ったアクアリウム
またアイディアとしてのみあったものを
彼の亡き後もスタッフさんたちが実現した
「巨大ネイチャー水草ウォール」など観ることができた。

なによりそこかしこでスタッフさんに
色々質問しているナイスなお客さんのおかげで
(詳しくないものにとってとっかかりがないので・・・)
話題を小耳にはさむことができ、
スタッフさんのアクアリウムに対する情熱も伝わってきて
姿勢もまた謙虚で、胸に響いた。

そしてリスボン海洋水族館の全長40mもあるネイチャーアクアリウムに
アマゾンの川を再現していく様子が動画で見ることができた。

ポルトガルの水族館でアマゾンをテーマにし
日本人が作り出した水槽で(すごいミックス感)
水槽にある自然本来の姿が見るものに感じさせるのか
と見に来た人たちが口々に
その水槽の前で子供時代の自然の話をしたりするそうで
のどかな景色ということなのだが、
自分としては ああ、もうこの水景は
リアルな私たちの目の前に無いんだ
既にSFの世界の未来の世界に来てしまったような気持ちになって
すごく寂しい気持ちにもなる。
そんなウッカリすると絶望的な気持ちになりかねない今という時代に
それでも水草を植え続け
世界中のどこかで感じてきた自然の力を
目の前の水槽一つに込めて
地球上の生きものが生きていること
自然が調和してあることの尊さを思い出させてくれる。

人間は自然をただ使っていくだけでなく
調和に何ができるだろうか
水と緑とともに生きていくという
祈りを込めて

[the prayer for green and water ]
Oil pastel on cardboard /size: 24 x 18 cm

そこらへんの神さま絵とは?
アドベント絵・そこらへんの神さま絵の販売について
★ 1月4日〜20日「一人一展」
marumocci art shop

J.S.バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番」より

中丸まどかさん、はたりえさんによる
「薄墨の時~バイオリン独奏とオイリュトミーソロ~」の
お友達にコンサートのチケットを譲っていただいたので
お礼と感想を兼ねて
今日のそこらへんの神さま絵を描いているシリーズ。

描くのが遅れてダラダラしていたら
こんなに寒い夜に
ハチが部屋に入ってきたので
ミツバチのイメージがあるものも含め思い切って4連作。

明るい雰囲気で始まった一曲目の
J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番
BW1006よりガヴォットとロンドを聞きながら
湧き上がったイメージ順に掲載しています。

窓から出て庭を一周散歩してまた部屋に戻るように
日々、宇宙に出会っては、日常に戻っている
そんな繰り返し

1枚目は「雨の窓」

Oil pastel on brown paper /size: 24 x 18 cm [The window and rain]

2枚目は「ミツバチの庭」

Oil pastel on brown paper /size: 24 x 18 cm [The garden of a honeybee ]

3枚目は「雨上がりの芝の上を」

Oil pastel on brown paper /size: 24 x 18 cm [ On the lawn after the rain ]

4枚目「あたたかい部屋」

Oil pastel on brown paper /size: 24 x 18 cm [ a cup of tea ]

4 oil pastel drawing inspiration are from J.S. Bach [Gavotte en Rondeu Violin Partita No.3 in E major BWV 1006].

そこらへんの神さま絵とは?
アドベント絵・そこらへんの神さま絵の販売について
★ 1月4日〜20日「一人一展」
marumocci art shop

コラール「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」3作

ヴァイオリン独奏とオイリュトミーソロ
演奏会の2曲目に選ばれた
ヴァイオリニストの中丸まどかさんのために作曲された
W.ドゥコーニング(W.Dekoninck)さんの
無伴奏ヴァイオリンのためのコラール・パルティータ
「Wachet auf, ruft uns die Stimme
(目覚めよと呼ぶ声が聞こえ)」から
インスピレーションを受けて3つの絵です。
この曲は2月16日の中丸さんの演奏会でも予定に入っているので楽しみです。

[Choral ”Wachet auf, ruft uns die Stimme “-#1]
Oil pastel on cardboard /size: 24 x 18 cm

[Choral ”Wachet auf, ruft uns die Stimme “-#2]
Oil pastel on cardboard /size: 24 x 18 cm

[Choral ”Wachet auf, ruft uns die Stimme “-#3]
Oil pastel on black paper /size: A4

そこらへんの神さま絵とは?
アドベント絵・そこらへんの神さま絵の販売について
★ 1月4日〜20日「一人一展」
marumocci art shop

「守護天使の窓 その4」

今日のそこらへんの神さま絵 今週の特集、演奏会「薄墨の時 〜ヴァイオリン独奏とオイリュトミーソロ」からビーバー作曲『ロザリオソナタより守護天使のパッサカリア』からインスピレーションを受けて「守護天使の窓 その4」です。

実のところ そこらへんで出会う存在に神聖を見出す作業は大好きですが、宗教的なモチーフを描くのは どうも失礼にあたったら嫌だなというのもあって 少し腰が引ける日があります。

それでも音楽だったり自然の中にそれを感じたら 正直に描きたい。それで やっぱりものすごく 気持ちが上がる。自分にとってアクセスしたい物事は やっぱりこういうことなんだなと。

この演奏会が行われた 近江楽堂は天井から降り注ぐ外光にドーム天井。そして息子さんがすっかり有名な舟越桂さんのお父様の舟越保武さんの彫像が飾ってあるのも全て調和していました。

[The Window of Guardian angel #4]
Inspiration from a music “Passacaglia of Rosary Sonatas”
Heinrich Ignaz Franz von Biber
Oil pastel on cardboard /size: 24 x 18 cm

そこらへんの神さま絵とは?
アドベント絵・そこらへんの神さま絵の販売について
★ 1月4日〜20日「一人一展」
marumocci art shop

「守護天使の窓 その3」

演奏会「薄墨の時 〜ヴァイオリン独奏とオイリュトミーソロ」からビーバー作曲『ロザリオソナタより守護天使のパッサカリア』からインスピレーションを受けて「守護天使の窓 その3」です。

面白いくらいにイメージが入ってくるので 目をつむって 味わっていると 起きて見ている夢なのか、寝て見ている夢なのか とにかく不思議な世界に誘われておりました。

ちなみに今回のヴァイオリンの中丸まどかさんの日本での公演予定はこちらへ

[The Window of Guardian angel #3]
Inspiration from a music “Passacaglia of Rosary Sonatas”
Heinrich Ignaz Franz von Biber
Oil pastel on cardboard /size: 24 x 18 cm

そこらへんの神さま絵とは?
アドベント絵・そこらへんの神さま絵の販売について
★ 1月4日〜20日「一人一展」
marumocci art shop

「守護天使の窓 その2」

昨日に引き続き 今日のそこらへんの神さま絵は
演奏会「薄墨の時 〜ヴァイオリン独奏とオイリュトミーソロ」からビーバー作曲『ロザリオソナタより守護天使のパッサカリア』からインスピレーションを受けて「守護天使の窓 その2」です。

守護天使は この世界に
何を振りまいてくれているのだろう。

[The Window of Guardian angel #2]
Inspiration from a music “Passacaglia of Rosary Sonatas”
Heinrich Ignaz Franz von Biber
Oil pastel on cardboard /size: 24 x 18 cm

そこらへんの神さま絵とは?
アドベント絵・そこらへんの神さま絵の販売について
★ 1月4日〜20日「一人一展」
marumocci art shop