カテゴリー別アーカイブ: Uncategorized

テノリイノリへ その5 「キルト染め絵『いのり』が生まれる」


無事にオラクルカード原画展
「オラクルスナック天国と極楽~ときどき地獄」も終え
現実はそれらしい行事の四十九日とか百箇日がやってきて、
法要のと遺品整理の為に東京から山口へ帰省することが続きました。

ルートは九州から山口に入るパターンが多いのですが、
海峡を船で渡って着いた途端お天気雨に降られて
ここに暮らしてほとんど見たことなかった虹を見ることが続きました。
関門海峡にかかるとか、いや、どうなのよ。

父が最後に暮らした家の隣の空き地は
長いこと雑草程度しか生えなかったのに
帰ったタイミングで カラーの花が一輪だけ咲いて、
いつも通りに父が待っていてくれたみたい。
そんな自然の光景を目にして、
あの世は遠いところのように見えて
割と近くでサインを送ってくれたり
配慮してくれてるもんなんだって
一つ一つ実感していきました。

それに亡くなった直後から
故人は夢にも出て来放題だし。
もっと 他にも夢でもいいから会いたい人
いなかったっけ?
こんなに易々と会えるものか?と
少々拍子抜け。

そんな日々の中で
信仰の有無に関係なく一応ある家にある仏壇、
一応ある位牌、どうするよ問題勃発。
私はてっきりそのまま持つものかと思っていたけど
全て処分したい派もあり、それにも納得な部分もあり
そこまで深く考えていなかった自分はどうするのか?

そこで考えたのです。
自分なりに弔うと。

別に弔うって この形で弔わなければ
末代まで祟りとか。。。って話じゃないし、
根本的な自分にとって弔うとはなんぞや?という問いがスタート。

それには結局シンプルに向こうの世界に行ったばかりの
父の新たなる人生に頑張れよ!って
応援のエネルギーを送るしかないの。
こっちは大丈夫だから。
いや大丈夫じゃなくても
親子に生まれて物質的には一生返すことはできないけど
唯一出来ることはそういう応援くらい。
そして向こうからサインが来るんだから
頑張れよーってエネルギーのかけらくらい届くでしょ。

そういう時、ふと日光東照宮って徳川家康を祀ってるけど
身内にとっては 身内の生身の人間の家康の神社。
そういうものを自分なりに作ったりしてもいいんじゃない!?
昔の将軍並みの便利な暮らししてるんだし
自力で出来る範囲って何ができるかやってみよう。

それで四十九日過ぎて作り出したのが今の展示にも出している
染め絵とキルトのミックス作品
「いのり」でした。
もちろん祈ってキャッチしたイメージです。


「いのり」ポストカードは「テノリ・イノリ絵巻」展で販売しております。

テノリイノリはどこからきたの?ルーツを絵巻で辿る「テノリ・イノリ絵巻」展は3月31日まで

連載中の「テノリイノリができるまでの」過去記事
テノリイノリへ その4 「オラクルスナック天国と極楽にようこそ」
テノリイノリへ その3「祈りの絵」
テノリイノリへ その2「伏線の回収」
テノリイノリへ その1「オラクルスナックの祈り」
《序章》再び祈り –テノリイノリの世界

「守護天使の窓 その2」

昨日に引き続き 今日のそこらへんの神さま絵は
演奏会「薄墨の時 〜ヴァイオリン独奏とオイリュトミーソロ」からビーバー作曲『ロザリオソナタより守護天使のパッサカリア』からインスピレーションを受けて「守護天使の窓 その2」です。

守護天使は この世界に
何を振りまいてくれているのだろう。

[The Window of Guardian angel #2]
Inspiration from a music “Passacaglia of Rosary Sonatas”
Heinrich Ignaz Franz von Biber
Oil pastel on cardboard /size: 24 x 18 cm

そこらへんの神さま絵とは?
アドベント絵・そこらへんの神さま絵の販売について
★ 1月4日〜20日「一人一展」
marumocci art shop

Day17 「聖なる島」

アドベント絵12月17日
島の旅の記念に聖なる島を。

潮の満ち引きで渡ることができる海の道
どんなに技術が発達した世の中に生きていても
潮が引かなければ渡れないという条件
渡れたとして本当に渡るのだろうか。
この渡れない、ここで見ているだけを
楽しんでいる気もする。
眺めているだけで今という時が
どこにいるのか少し時間の旅をする。

スマホであんなことや
こんなことが出来るという驚きに
慣らされてきた昨今

それでも意識が 完全にシャットダウン中は
スマホからの電話の着信音も
メール受信音も何も聞こえなくて

起動中な時は ピキーンくらいの着信音でも
あ、はいはいって 後ろで本当に
送信者に呼ばれたのごとく反応できたり
○○さんかーと だいたい分かる時があったりする
たぶん 誰もがそういうの味ってませんか?

自然の前で 無力を味わう瞬間と
テクノロジーの前でサービス満点を
ゆうに超える人間の本能を
聖なる島の前に想う

[Holy Island ] Size: 2L/ 18 * 13 cm
Oil Pastel

東京代々木大人の隠れ家 カフェ ヌックで展示中「セント・ニコラスさん」
そこらへんの神さま絵とは?
アドベント絵・そこらへんの神さま絵の販売について
marumocci art shop

Day10 「真冬のテントウムシ」

今日という一日の命
今の自分にエネルギーを与えてくれる他の生命を
全て含めてプレゼント
今回のアドベント絵のテーマはプレゼントで続行中

そして10日目は 「真冬のテントウムシ」です。
あったかい部屋で爆音でエレカシを聴きながら
外に干していて少し冷たくなった洗濯物を取り込む
洗濯物といっしょに入ってきたのは
真冬のテントウムシ
命眠りゆく真冬の都心のベランダより舞い込む。

羊使いのサンチャゴが宝が隠されているという夢を信じ
アフリカの砂漠を越えピラミッドを目指すお話
パウロ・コエーリョ著「アルケミスト」
この物語の中のシーンがいくつも印象に残っていて
たまに思い出すことがある、まるであのシーンみたいなんて。
特にこの物語の中で初めて前兆というものってあるんだわと
意識し始めて、感覚を自分でもはっきりと感じた。

砂漠にヘビを見つけるシーンがあったはずだけど
冷たいベランダから現れたテントウムシという命は
そんな風に何かの前兆を思わせた

[the life of mid winter ] Size: 2L/ 18 * 13 cm
Oil Pastel

東京代々木大人の隠れ家 カフェ ヌックで展示中「セント・ニコラスさん」
そこらへんの神さま絵とは?
アドベント絵・そこらへんの神さま絵の販売について
marumocci art shop

Day9 「エレファントカシマシ 宮本浩次」

降誕節9日目、こちら歌のエンジェル
エレファントカシマシの宮本さん。
よく聞いたなあ今年一年
サチモスと同じくらい??
って趣味が雑多で お恥ずかしい。

偶然、ある私の心のどん底の春に
彼の歌う「赤いスイトピー」の
トキメキ感に胸躍らせ
まだそんな感覚になってない
まだ死ねない….と思ってみたり、
彼の歌う「喝采」に
自分の心のどん底さ加減に酔っては
そこから再び笑ってみせようと
彼のよく言うところのドーンといって見ましょうを
なんども噛み締めた。
聞いてるのはカバーだけじゃないよ勿論

歌って言葉にメロディーがついただけで
こんなに心を上げるかな〜ってくらい
同じテーマでも すっと寄り添って
パッと気持ちを 別世界に連れていく。
もちろん宮本さんの歌唱力や、彼の存在感もあって
それはとんでもなく・・・

何度も何度も
今立っているところが同じでも
まだ魂は別次元に行けるんだわよと。
可能性そのものを思う。

心底追い詰められたな〜って状況にいると
これが絶対いつか笑うなりなんなりの
ネタにできるから
二度と同じ気持ちにならないから
涙にくれても
描いておかなきゃとか
記憶しておかなきゃって装置が働くのは
性格なのか
そういうギフトなのか。
ありがたいような
ありがたくないような。

よい週末を

[Hiroji Miyamoto/ ELEPHANT KASHIMASHI ] Size: 2L/ 18 * 13 cm
Oil Pastel

東京代々木大人の隠れ家 カフェ ヌックで展示中「セント・ニコラスさん」
そこらへんの神さま絵とは?
アドベント絵・そこらへんの神さま絵の販売について
marumocci art shop

「ヨゾラノクジラ」

「ヨゾラノクジラ/ The Floating whale

今日のそこらへんの神さま絵は「ヨゾラノクジラ」です。
何気なく繁華街を歩く時
これからこの街でイベントをやるぞって時
または人のイベントを手伝う時
明るい東京の夜空に大きなピンクのクジラを浮かべるイメージをするのです。
でっかい楽しそうな存在がいつもいっしょにいて
この場所に心地よいエネルギーを送りこもうよって。

自分でイメージしているのか
それともクジラが飛んでいるのか・・・
どちらにしても大きなお守りがいつもそばにありますように

[The Floating whale] Size: 18 * 24 cm)
2017年11月21―23日「marumoci Christmas Market in HARAJUKU」展
そこらへんの神さま絵とは?
そこらへんの神さま絵の販売について
marumocci art shop

「やまなみ」

今日のそこらへんの神さま絵は「やまなみ」です。

ちょいと東京の森のあるところ、檜原村へ行ってきました。
奥多摩だったり、この辺りは
東京の水源である貯水池があったり、
雨水を受け止める大地 樹木
山は水の源、もちろん川や滝にも出会うし。

都心にいるとつい暑かったらエアコンつけましょ
寒かったら暖房つけましょ。
エアーをコントロールすることが常になっていて
それを積極的にいつも考えている。

山の中に来るとコントロールしようもない
ひたすらこちらが吸いたい空気が広がる。
ああ膨大なエアーやん・・・胸に空気がスーッと入ってく。

山々を目にしながら、目に映らない空気と水のことを思っている、
眼前の自然の中に何層も何層ものものごとが同時に存在している。

[chain of mountains] Oil Pastel / Size: 18* 13cm
そこらへんの神さま絵とは?
そこらへんの神さま絵の販売について
marumocci art shop

「政次(高橋一生さん)」

今日のそこらへんの神さま絵は 久しぶりに大河ドラマで
おんな城主直虎より「小野但馬守政次(おのたじまのかみまさつぐ)」です。

政次の芝居は。。(正しくは高橋一生さんの芝居なんだけど)
あの空間にいる政次は ほぼ眼球しか見ていません。
時々口元みるけど。(恐ろしいタイミングで口角上がってるし)
眼球だけで、ああ、物語の中に今いるんだなあってリアルな感じと
その世界の中での本当に感情が動いているように見えてきたり、
また同時に目から政次の人生にはもっと別の人生の側面があって
4つくらいが同時に重なって今の政次が見えてくる感じ。。。すごい。
ジワジワジワ・・・目から物語をかみしめています。
このドラマの中で他に目だけ見てたいな~と思うのは
龍雲丸の柳楽優弥さん。

現代を生きてるはずの役者さんたちのお芝居に
物語は史実にフィクションに入り混じって
不思議な時の旅を楽しませてもらってます。

[Masatsugu Ono tajimanokami / Issei Takahashi ] Oil Pastel / Size: 18* 13cm
そこらへんの神さま絵とは?
marumocci art shop

「いのりの花」5.10.

今日のそこらへんの神さま絵は祈ってイメージを受け取る「いのりの花」です。
最近お稽古ごとを再開したのですが、
とにかく先生や上級の先輩方が素晴らしく
同じ空間で目で見てお手本にして、取り組んでいるだけで何だか幸せで
続け~この時間、面白くて死ぬかもと何度思ったかわからない。
謹んで脳から何かがダダ漏れです。

Oil Pastel / Size : 18*13cm
そこらへんの神さま絵の販売について
そこらへんの神さま絵とは?
2017年5月3~14日 第10回NGPアンデパンダン展
marumocci art shop

受注製作開始 12星座「おうし座さん」Tシャツ

初の12星座シリーズ。「おうし座さん」Tシャツ、受注製作の受付を開始しました。
お誕生日のお祝いに
いつも生まれたことの祝福に
好きな季節を思い出すのに。。。などなど。
お楽しみください。

[Taurus / Hand Painted T-shirt]
【受注製作】12星座「おうし座さん」手描き・コットンTシャツ グリーン(ベビーから大人まで)
marumocci art shop