カテゴリー別アーカイブ: Works

オーダー製作 「リーディングによるシンボルカラーアート」 D様

結婚記念日にお守りになるようなシンボルアートをご希望ということで製作しました。
ありがとうございました。

今のあなたのエネルギーを読んで一つのシンボルに描き出すリーディングによるシンボルカラーアート、人生の節目に。そして何気ない今日という日の記念にもおすすめです。

ちなみに得意の段ボール紙に描いています。

オーダー製作 「リーディングによるシンボルカラーアート」 2Lサイズ(アクリル画)フレーム付

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

「おだんごキャット」

好意はあるんだけど
油断はなかなかできないよ
だって怖がりだから〜
「おだんごキャット」

オーダー製作 手描きで「あなたの好きな動物お描きします!」
※色付きティーシャツをベースにする場合は描かれるモチーフの色数が少なくなります。色ティーシャツご希望の際はご注文時に備考に明記ください。
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

「手のり・祈り/ Tenori-Inori 」



「手のり・祈り/ Tenori-Inori 」

手のり・祈りはごきげんのカガミ

誰かや何かのために祈る時
誰かや何かも祈ってくれてる

手のり祈りの神性を見ようとする時
私の中の神性に出会う

見ているだけで安らいだ時
あなたを見ている人も安らいでいる

marumocci facebookに現在販売可能な「手のり祈り」のフォトアルバムをアップしています。
ご希望の方はお問合せください。

【追加】marumocci art shop 立体作品ページで販売開始しました

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

ターバン帽子作り

身内のケガ入院が長引いて、薄毛と寝たきりによるヘアースタイルの乱れが著しく気になるとのことで、さくっとかぶれるターバン帽子かぶりたいなーということでいくつか作ってみた。

とにかく自分が着られるもの
それってどうやって作ってるんだろ
ガン見、布いじり、またガン見の繰り返し
面白くて街行く人の衣(コロモ)全てに
刺激を受けております。
ターバン観察しすぎて
普通に巻く方が上手になった気もする。

ちなみに当の本人のケガのリハビリは
若い異性に手伝ってもらって(ここ重要)
痛みも我慢して順調だそうで
人間って ほんとにいろんな人のいろんな種類のサポートで生きてるんだなあーとしみじみ思うのです。
ありがとうございます。

marumocci 絵画作品
そこらへんの神さまスケッチの販売について
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

小さなカラーアート作品

  
こちらの小さな作品は「カップケーキ菩薩」さんのモデルになってくださった紫さんのお宅にお父様が亡くなって初めてのお盆におじゃまするのがきっかけで製作しました。

お父様とは何度かNLPの場で同席することがあって、とてもおだやで、詳しくどんなことをされていた方なのか聞いたことはなかったのですが、近くにいるとつられてしまう笑顔の素敵な方だったので色にしてみたらどんなかな?と思ったのがありました。
製作して感じたのは写真などの具体的な方法で姿を思い出せるのも良いですが、時にはその方の人生でシェアしてきたポジティブなエネルギーを色で表せる、亡くなった時の年齢も関係なく、たましいのようなものに触れらていいなっておもいました。
そしてそのシンボルをトイレに飾り、いつでもトイレで会えるという楽しそうとお話されるご家族のほのぼのした空気に和んだのです。

この作品がきっかけで今回は「クリスマス、集い、つながり、未来、夢、、、」をテーマに製作。
イメージを見ていく行くと。。。場の主が集いの場に色の水を注いでいます。その水が落ちた場所から泉のように水が湧き出す。誘い水のように、注いだ水がさらなる湧き水を呼んでいました。

「ユカリノ イズミ」(A4サイズ 綿入りパネル)
オーダー製作 「リーディングによるカラーアート」 A4パネル張り
   

marumocci christmas market
オーダー製作「リーディングによるシンボルカラーアート」(アクリル画)フレーム付
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

カラス

  

映画「キルトに綴る愛」に出てくる人生を導く
カラスにかぶれてからか?
日々の予兆としてキャッチするのを楽しむにも
カラスとはなんだかかんだ長いお付き合い。

家で怠けている時に限って窓辺で騒ぐカラス。
最近だと新しい物件の内見に来た時、
屋上に止まってここなんだなってシグナルになったカラス。
通りすがりに観察しやすい場所にいてくれたり
私の家のところのごみだけ狙われていない気がするし。
あの黒色いい感じにおもってる。
想いあってると思ってた。
ふわふわーーっと。

今年のある日、自転車で慣れないルートを通って
ちょっと遠出して食べ物を買って、
イカとか肉とか買ってカゴに入れ、
ドラッグストア前に自転車を止め買い物していました。
店内で小さな女の子がなんども母親に
「カラスはオオゼキのものを食べるんだね」
って言ってる会話が聞こえて来て、
なんのこっちゃ?と思いながら聞き流していましたが。。。

店を出て、自分の自転車に行けば答えが待っていた。
はい。カラスが一羽。
私の自転車のハンドルに止まって私のスーパーの袋を破き、
中のトレイに入っているはずのレバーを
穴をあけてガツガツつついていたのです。
(共喰いだよーこわいいいー)

頑張って「やめてよー!」って言ってもぜんぜん無理。
自転車にちょっと衝撃あたえたくらいでも無理。
自転車を丸ごと動かしまくって
やっと離れていった。
一方的に信頼を裏切られたような
ショックにまみれて家路を急いだ。

そんな中、目に残った記憶のカラスは
頭の毛の具合が若く
腹が減ってやむにやまれず漁った感もあったのを思い出す。
いつも仲良くしてると思ってたカラスは
もっと大人なんだよね。

かなりしょんぼりしたけど、
そもそも一人の人間の悪行から
人間全部アウトって無理なように
一羽のカラスでカラス全部アウトもない。
ここで尊敬するムツゴロウさんなら・・・
残った肉食う!とカツ入れ直した。

ファンタジックだったり血まみれだったり、
生きる力とか飢えとか、性とか、とまどいとか
あとサボりぐせも
いろんなことを一斉に伝えにやってくるカラス。
まるで己の鏡さっ。

marumocci christmas market
冬のプレゼント企画☆世界に一つのタイダイ染「イメージ・クロス」
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

動く!くるくる・くりすます・マーケット☆

12月1日になりました。
今年もアドベントカレンダー気分で今年の最後の一カ月を
クリスマスをはじめとする大好きなこと
この季節に感じる神さまや宇宙を身近にかんじるモノゴト
今感じるスケッチなどをアップして行こうと思っています。

今日は動画になったオーナメントたち。
くるくる目を回したら、一休み~。

marumocci christmas market
冬のプレゼント企画☆世界に一つのタイダイ染「イメージ・クロス」
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

未来に送ったラブ・ブタレター


どんよりした天気に 気分が上がらない日、茶系のワンピにベージュのマフラー巻いたら、この組み合わせに死にたくなりそうになってあわてて上も下も赤のアイテムに着替えてホームセンターに出かけた。(決して茶色やベージュが悪いのではなく合わないだけです、茶色の名誉のため) さすがに自分でも後ろ指指されてもやむをえん組み合せ。今までは服装や髪の色で通りすがりの人にいちいち指をさされたりコショコショ言われる分に、内心うっせーって思ったりすることもあったけど、まあそうなるわなあという自分でも覚悟ができてきたのかな?病気で着替えられない時にパジャマで病院に行くこともあるように、天気と体調が悪かったら 服装くらい上がるの着てないと 心が死んでしまう。やむをえん。。ってなんか切羽詰まってる?ああ、北欧デザインって日照時間の短さゆえに 華やかな色使いなんだよねって思い巡らす。



ホームセンターにはポインセチアが並び、いつもは興味ない植物にほっとして、ふと友だちからのラインに今ブタの茶碗の前にいるよ。って返信したら冒頭のブタの置物写真が送られてきました。

これ10年位前に作って友だちに送りつけた置物。今でも豚が好きだけど、その時はメス豚がブームだったんだな。招きメス豚。

何にしても作った本人が一番びっくりして、ありのままっていうより ほんまにワガママを楽しんでる自分がその当時にも ちゃんといて、今の自分にも刺激を与えてることにビックリした。人に贈ったものなのに、自分にこんなタイミングで戻ってくるのも、今の自分へのラブレターみたい。きゃ。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

近日中に紐パウ・スカートのオーダー製作を受付開始します

10882159_917617044928766_1116775652891526288_n

ヒモ・パウ「ヒノトリ」

染めたパウスカートと
染めた上にシンボルとなるモチーフを描いたタイプ(写真参照)
の2タイプの紐パウ・スカートのオーダー製作を受付開始の予定です。

フラガールは勿論ですが、
マルモッチの色の生地がお好きな方
家に飾りたい、でもついでに身につけられたら・・・
身につけたい・・・着てない時は飾れたら・・
そんな楽しみ方もヒモ・パウにはありますよね。

そしてこんなに生地を使ったボリュームたっぷりなスカート
楽しんでほしいなあと思います。

では、そんな浮かれた??感じの映像はこちらへ
marumocci facebook

marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon