タグ別アーカイブ: BLOG

緑の都は 愛の都

大好きな博多華丸大吉さんが朝っぱらから「あさイチ」で生で見られるという 幸せな4月がはじまりました。チラチラくらいしか見られませんけど、彼らの良いのは とぼけたおじさんという面白さはあっても 意地悪を言って笑わせる危うさのない安心感につきます。

その上 地元びいきなネタを持ちつつも 東京に居る長さから ちゃんと東京のことも見ていて、東京という都市の中には樹木が多いということを指摘している場面がありましてね、おお、さすが!と 喜び耳だけそっちにグイイイーと向いて、手先は出かける支度を進めました。

案外地方都市の駅前なんか行くと 街路樹もちんまりしてたりってことも結構あったりしますが、東京って巨木を 眺めたいなあという気分には そこらここらで応えてくれるスポットに実は溢れています。

ある日、店の植え込みに植えた植物に気づいた?って聞かれて 全く気づかなかったことを思い出し、また それがなんとも しっくりこなくて、髪切ったのに気づいた?くらいはわかるんだけど 植物のそれの違和感は一体。。。など考えていました。

イギリスには自宅の庭を協会に認定されるとその協会の定めるオープンガーデンの期間に庭を一般の人に公開したりするイベントに参加できるというのがあると テレビ番組の特集で見て、しかもその認定されるまでの様子がずっと記録されていて、認定されなかった庭もオーナーさんの一喜一憂も含めて庭への情熱が並々ならぬもの。

植物を育てることや 、庭をしつらえていくことは 様々な要素の愛情がそこに入っていくことになり、むしろその情熱無しに成り立つものはまずない。

どんなにお金持ちでも 急にゼロから1にしたから 例えば どっかからうちの庭に巨木植えました、はい どーですかー?といかないのが自然を生活にや庭園に持ち込む難しさでもあり、そういうものを愛し続けて積み重ねる楽しさ、醍醐味ではなのではないかと思うのです。

それにそういう熱は植えた人と植物だけの関係で終わらないで 見て楽しむ他の人にも連鎖していくから面白い。

最近 新宿公園のこの角のエリアに立つケヤキが好き。

考えてみると都心の樹木は 人間の手入れがちゃんと入ってて 生活の邪魔になるようなサイズにもせず、 しっかり枝葉を伸ばしている。

あーそれにしても立派だな、君いいね〜ってジロジロ見ていると、向こうも 知ってるわって感じ。

この子らがここに居るか居ないかは この場の心地よさを激しく変えているから そりゃプライドあるだろうな。

今いいね〜って見ている対象は、今しがたの姿を愛でているのだけど、この姿になるまでの手入れをしてきた どこかの誰かのエネルギーも含めて鑑賞しているということ。それ含めてこちらの顔をそっちに向ける引力。

いい香りの人とすれ違ってつい振り返っちゃうみたいな。存在感にあふれた 街路樹に出会うたび、樹木そのものと知らず知らずのうちに人間の優しい営みにも触れているのだと思う。

新作ムラ染めタオルmarumocci art shop

まだまだ眠いよ春の日に。。。

marumocci art shopに 新作ムラ染めハンドタオル、バスタオルを追加しました。

テノリイノリさんたちと一緒の写真も含めてお楽しみください。

写真掲載中のテノリイノリご希望につきましては お問い合わせください。

marumocci art shop タオル

4月15日 日曜日9:00-12:00開催リーディング&ヘナアート

4月15日 日曜日9:00-12:00 marumocciリーディング&ヘナアート@代々木公園〜明治神宮らへん(屋外中心)開催します。

エネルギーを読んでお守りになるシンボルを描くオリジナルのヘナアート、ワンポイントでがっつり大きめもどちらも気楽に試してみたい方にもおススご参加ください。

気持ちのよい場所を探って当日合流となります。

リンクよりお申し込みください。集合場所をお知らせします。当日ご連絡いただいてふらっと参加も歓迎です。(ご予約が優先となります)

★リーディングで描くヘナ・アート《ご予約用》 – marumocci art shop
http://marumocci.shop-pro.jp/?pid=7799749

テノリイノリとBGM

テノリイノリ絵巻展の写真のアルバムを作ろうとしながら
全然進まず動画を作ってしまいました。
皆さんとテノリイノリさんが出会っている様子です。

悩み。
迷い。
たいがいネガティブな意味にとられがちな行動たちが
ぜーんぶワクワクする行動にしか見えませーん。
(自慢と満足)
ではどうぞ。

ちなみに立体作品を作ってるときに
頭をよぎったBGMってあったななんて。。。思い出し・・・
ついでにこちらもどうぞ。

よかったらお家のテノリイノリと一緒にどうそ。
たぶんテノリイノリはこんなことを歌ってる!?
絶対違うなーって感じた方は
すぐさま耳をふさいで適切な音楽をお楽しみください。

テノリイノリからの歌。

テノリイノリとこんな気分で過ごすのは
いかがでしょうか・・・の一曲

妄想も想像も自由です。
みなさま良い夜を・・・

テノリイノリの追加オーダー、
万が一の修理ご相談
もう一度実物を見て選びたいなど・・・こちらからご相談ください。
marumocci art shop お問合せ

テノリイノリ絵巻展 終了、ありがとうございました

3月19日よりスタートしましたmarumocci「テノリイノリ絵巻」展
無事終了いたしました。
期間中のご来場ありがとうございました。

2017年にスタートしました祈りの作品シリーズから
誕生したオリジナルの祈りのオブジェ「テノリイノリ」たちは
今回 多くの皆さまに出会い愛され、
その手に乗って新しいお家や職場、
様々な場所に旅立っていきました。
嬉しいことに 今まで旅立ったテノリイノリさんたちが
活躍していることもこれを機に知ることができました。

それぞれのテノリイノリさんたちが
皆様のお手元で変わらずゆるく
楽しげに皆さんの祈りとともに祈っていることと思います。

(手に抱かれるテノリイノリたち)

作品は私に似ているとの感想もいただき、
ああ そうかと思うところもあったり、
同時に面白いくらい選ばれる方ご自身にも似ていて
イノリというキーワードで生み出したこの子らは
誰かや何かのために祈る私たち自身の姿を
投影させているのかもしれないなと思ったりします。


(お客様によって並べ選んでいただく様子。
まるでクリスタルヒーリングを受けてるみたい!?なんて声も)

また会期中実際に手にとって
あれこれ悩んだり 選ぶ楽しそうな様子を見るたびに、
その全部の過程を見ているこちらも本当に楽しくて
何度もときめきながら頭によぎる言葉がありました。

遊びをせんとや生まれけむ
戯れせんとや生まれけん

あれなんだっけ?と検索して元がこちら
「遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけん
遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそ動(ゆる)がるれ」
『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』

「遊ぶために生まれて来たのだろうか、
戯れるために生まれて来たのだろうか、
遊んでいる子どもの声を聞いていると、
感動のために私の身さえも動いてしまう」
訳はこちらより引用

まさにこんな感じ!

テノリイノリを手に取って流れる会話
「この子がうちに来たがってるね 」
「こんな風におしゃべりしてそうだね 」
「職場の机にいてくれたら元気でそう」
「いっしょに祈ろうよって言ってるみたい」
そんな一つ一つに、
私たちの魂はこの世に遊び戯れるために生まれていて、
魂から喜んでいいんだよって
横一文字に結んだ顔のテノリイノリからの言葉が
お客さまを通じて出てきているんじゃないかって何度も思うのです。

元は自分にとって死がもたらす悲しみと
あの世への仲間への弔いに始まった祈りの制作ではありますが
時に作品は同じような気持ちを持つ方によりそうことができたり
ともに遊ぶことができたり
祈りを形にする、完成してお渡しすることで
肉体を持って様々なことを感じることや
爆発しそうな悲しみも無駄ではなく
それがちゃんと自分を支えることになったり、
地球上に今生きることの愛しさや喜びに繋がっていくのだろうと
制作から展示期間まで全部の期間を通して
知ることができたんだなあと温かな気持ちで振り返っています。

期間中様々なサポートしてくださった関係者の皆様もありがとうございます!

marumocci facebook
イベント中のアルバムが掲載されていますのでこちらもぜひどうぞ。

★ テノリイノリの追加オーダー、
★ 万が一の修理ご相談
★ もう一度実物を見て選びたい(西新宿近辺でお約束お待ち合わせになります)などはこちらからご相談ください。
marumocci art shop お問合せ

テノリイノリへその7 愛とか祝福はとかくぼんやり

(展示中の気になる作品を集めて検討したり愛でたりしている様子です)

テノリイノリ絵巻展のご案内にこんな大それたことを書いてしまいました。

《「テノリイノリ」はどんな時もそばにいて、ともに祈り、生きとし生けるものの中にあるけど忘れがちでぼんやりした愛や祝福に光をあてます。》

それにはちゃんと理由があるのです。

父が亡くなって9ヶ月経った頃、
お風呂場を中心に台所などで電気がよく消えたりとか色々あって
電球変えても変わらず、
これっていわゆる一つのラップ現象みたいなもんかと。
入浴中にばかり電気が消えるので
つい身内かと思うと、ええ加減にせーよとキレたりもしてました。

夢では相変わらず現れる父
突然死んじゃったからもっと徐々に死にそうな場面をやるから
見ててとばかりに何度もそれらしきシーンやるからと言ってきては見せてくれるの。
なんだこりゃ。それはそれでショックだっつーの。

ほかの家族へ心残りでもあんのかなーと
家族にそれを話しても
キモい ヤバい、ギャルか?
(私に向けられてる??)で終わる。

なんなんだろうで9ヶ月

ある朝そんな夢を今日も見て起き抜けに気づいたんです。
これってもしかして私を気遣ってるってこと?

えええ、それって全て愛じゃん。

清々しいくらい だば〜っと号泣。

そうなんじゃ あの世に行こうが
こっちにいようが
愛も日々の祝福も
いつもそこかしこに空気の粒子のように送られてるの。

それに気づいたら 不思議な現象がぱったりなくなった。

テノリイノリの作者こそが
いつもそこらのぼんやりとした
愛とか祝福に鈍感で、
作品を作ることでそういうエネルギーに
繋がってハッキリとさせているのです。

それら一つ一つにスポットライトを当てて、
出来上がったばかりのテノリイノリたちと
目を合わせてはハートを撃ち抜かれてばっかり(幸せ)
キュンキュンして 都度キュン死に。からの黄泉がえり。

そういうわけでテノリイノリは肉体を持って生きている人、
あっちの世界の肉体を持たない人
両方の生きとし生けるものに
送りあう祈りの形をとったもの
その核は愛なんだなーと思って作っています。

テノリイノリはどこからきたの?ルーツを絵巻で辿る「テノリ・イノリ絵巻」展は3月31日まで
ピンと来たテノリイノリと出会いがありましたらご購入いただけます

連載中の「テノリイノリができるまでの」過去記事
テノリイノリへその6「はじめのテノリイノリ誕生」
テノリイノリへその5「キルト染め絵『いのり』が生まれる」
テノリイノリへその4「オラクルスナック天国と極楽にようこそ」
テノリイノリへその3「祈りの絵」
テノリイノリへその2「伏線の回収」
テノリイノリへその1「オラクルスナックの祈り」
《序章》再び祈りテノリイノリの世界

テノリイノリへ その6 「はじめのテノリイノリ誕生」

テノリイノリが生まれるまでの道のりを 書き始めたら えらく長いことになって5話目。やっと生まれます。(結論)

父が亡くなって祈りを絵にするようになったのだけど、思えば四十九日で墓の中の骨壷に入ったじいさんばあさん、その他おじさんとか おじさんとか誰が誰かよくわからない骨壷で狭くなった墓の中を地面は少し骨壷の蓋で掘って空間作って、ほぼ全員の骨を中に素手でぶちまけて壺を撤去するという なんともありがたいような不気味な役割が巡ってきて 最初正直ウエまじか、とも思ったけど やりだしてみたら 手に触れる物質が今を生きている自分につながっているのか この人達がないと 今の自分いなかったんだなあと神妙な大人になるような気分にすらなってきて 祈りもグループに向けてというイメージが強くなったと思う。

夢であの世の人と会えたり、ラップ現象も激しいし そんなに通信できるなら あの世へのエールに日光東照宮ぐらい作るつもりで作品にしたら 良いだろう、そんなつもりで作った「いのり」の染め絵とミシンキルトのミックス作品。

そしてこの作品を中心に寺社仏閣もしくは教会みたいなものが作れるなら いのりの絵のエッセンスみたいな存在を周りに配置したい。それがまた宗教と全く関係なくて それでも祈りに共通するもの。

仏教が誕生して仏像ができるより前の時代のお参りに行くことすら特別で、そこのエッセンスをなんとか持って帰りたくてって気持ちに応える特別な 小さな土産のようなオブジェ、そこからテノリイノリは生まれたのです

既存の宗教に存在するモチーフは避けてあくまでオリジナルな存在を描いていいますが、つまり宗教美術の発展は真似ている。パクってる!?
さて一周忌を終えてパクリの旅ならぬ祈りの旅はどこへ行くのか。

続くんですね〜

テノリイノリはどこからきたの?ルーツを絵巻で辿る「テノリ・イノリ絵巻」展は3月31日まで

ハガキにもなりました

連載中の「テノリイノリができるまでの」過去記事
テノリイノリへ その6「はじめのテノリイノリ誕生」
テノリイノリへ その5「キルト染め絵『いのり』が生まれる」
テノリイノリへ その4 「オラクルスナック天国と極楽にようこそ」
テノリイノリへ その3「祈りの絵」
テノリイノリへ その2「伏線の回収」
テノリイノリへ その1「オラクルスナックの祈り」
《序章》再び祈り –テノリイノリの世界

テノリイノリ絵巻展はじまりました

いよいよテノリイノリ絵巻展もう2日目
ご来店ありがとうございます。


「テノリイノリ ハナ」

「今日こんなことあってね
気分を鎮めるにはどのテノリイノリが良い?」って
シンプルなリクエストいただいて
フィットする一つをエネルギー見て選ぶ。
そんなことも出来ることに気づきました。
エネルギーを読む占い師でもあるマルモッチです。

今回の新作テノリイノリたちを並べて
制作中にふと可愛いなと思うことは何度もあるのですが
また新しい気持ちで
「私のところに来てくれてありがとうね
私に作らせてくれてありがとうね」
神妙に感動しながら、まるで心がけのよいお母さんみたいじゃん。
だけど作っては人様のところに手渡していくのよ。
どっちかというと家畜のお母さんみたい。ブヒ。
面白いな~
そんなこんなことを考えながら作っていました。

それで今日久しぶりにある歌詞を思い出しました。
小さいかごに花を入れ
さみしい人にあげたなら
色も香りも部屋に満ち、
気持ちよい日を過ごすでしょう

あいのわざはちいさくても
神の力がこもるから
闇夜のような世の中を
真昼のように照らすでしょう

ある時まで高校に校歌がなかったので
この讃美歌を歌っていて割と人気がありました。
(タイトルが愛のわざなのか、小さなかごにかも不明で
しかも歌詞がネットで検索してもまちまちで
自分が歌っていた時の歌詞がこれでした)

何気ない親切っていいねって感じで聞いてたんだけど
その頃神さまって概念が今とも違ったし
この歌詞の意味も違って聞こえていたんだな。
今は人間の愛という原動力で動かせるもの
それを超えた何かの力を借りて
更に動かせる範囲が広がる感じがあるように思える。

テノリイノリは祈りの絵から生まれた小さな祈りのオブジェ
人の祈りから生まれたものではあるけれど
作っているときに
もっと自分を超えたなにかに
応援してもらって
それこそ私の意識のどこかしらで
「我こそは~!作ります~」と名乗りを上げて
「じゃ、どうぞどうぞ」(ダチョウ倶楽部みたいなハイヤーセルフに)
作らせてもらっているんじゃないだろうか
そんな気がして仕方ないのです。

明日21日水曜日は祝日、臨時営業で13時から18時まで
店内におりますので気軽にお声がけください。
**********************************
会 期:2018年3月19日(月) – 3月31日(土)
定休日:日曜、祝日(3/21は臨時営業)
場 所:代々木cafe nook(カフェ・ヌック)
東京都渋谷区代々木1-37-3 岩崎ビルB1
TEL: 03-3373-7009
https://www.facebook.com/yoyogi.cafenook
アクセス: 代々木カフェnook への道のりー大江戸線代々木駅から
最寄駅 JR線・大江戸線 代々木駅徒歩3分
※カフェですので、お一人様1オーダーお願いしております

箸休め、祈りにまつわる2つの映画

テノリイノリができるまでのことを綴っていますが
ここで少し休憩して祈りが登場する映画を。

あるとき祈りって神社でお願いごとをするような祈りじゃないの?
そんでテノリイノリって願いを叶える道具なんじゃ?という質問がありまして。
一切そんなメッセージを出していなかったのだけど
そういう受け取りもあるのかと思ってちょっと寄り道を思いつきました。

前回のブログ、亡き人のとその周りの存在に対するものへの祈りは
言葉にしてしまうとあちらの世界で彼らが安らかでありますようにとか
無事に向こうの道を進みゆくことができますようにだったり
音楽でいうところのレクイエム的なものではないかと思って
祈っていたと思うのです。

で。早速ですが2018年日本公開の2つの映画について
ここでの祈りはまた少し違います。

「愛の動機となりますように
平和の道具となれますように」

セバスティアン・レリオ監督映画「ナチュラルウーマン」
アカデミー賞 外国語映画賞おめでとうございます!

この祈りの言葉、聖フランチェスコの祈りは
映画ナチュラルウーマンの中で聞きました。

祈りの言葉は本来もっと長いのですが
ここまでのセリフだった記憶。

クリントイーストウッド好きだし、映画評論家の町山智浩さんがツイッターでひっそりと
監督の『15時17分、パリ行き』
「ナチュラルウーマン」(英題:Fantastic woman)
共通するのは、聖フランチェスコの祈りと紹介されていたので
それもあって早々と両方観に行ってきました。

それぞれに感想がありますがあくまで祈りにまつわるところを。
『15時17分、パリ行き』での聖フランチェスコの祈りは
私が元々自分としても納得いきやすいタイミングの祈りでした。
カトリックの学校で育つ主人公が幼いころから捧げる祈りで
それが結末に影響していく、自身の行動を導くような祈り。

そしてナチュラルウーマンの中では大人の主人公が
悲しみ、苦しみ、自分を見失ってもおかしくないくらい
全部が否定されてしまうような過酷な人生の真っ最中に
愛の正解を探している主人公に向けられるヒントとなる祈りの言葉だと私は受け取りました。

でもそれは、人生右に行きましょうか
左に行きましょうか?そんな選択肢も見いだせない。
ああ。どこに行けばいいのでしょう??って途方にくれている側で
いきなり脇腹にドーンとパンチを入れられ目から火が出るような祈りで
なぜかその瞬間に涙があふれてしまった。
自分にそのパンチが入れられて、有難いような辛いような感触。

泣きながら、傷ついた傷からから再び血が流れようが
自身本来の本当に願う生き方に外れたら戻し、進めようと
自分自身を超えた存在に宣言する
そういうスタンスの祈りが
今年の自分の作りだしたいテノリイノリの要素にはあるのだと思う。
ハードな祈りだとしても、ハードな日があったとしても
テノリイノリは軽やかに優しく
ともにい続けるものでありたいと願うのです。

それはまるで映画の中で歌われる
プラタナスの木陰への愛の オンブラ・マイ・フ(Ombra mai fù)のように。

連載中の「テノリイノリへ」過去記事
テノリイノリへ その1「オラクルスナックの祈り」
テノリイノリへ その2「伏線の回収」
テノリイノリへ その3 「祈りの絵」

3月19日-31日 「テノリ・イノリ絵巻」展

テノリイノリへ その4「オラクルスナック天国と極楽にようこそ」

テノリイノリが生まれたきっかけを振り返るブログ 4回目。
言語化しないでひたすら2017年の一年の間、
絵やオブジェにしてきたので
時間が妙にかかったり、こんな言葉が一番しっくりなのか
悩もうとしたらいくらでも悩めますけど~
そもそもテノリイノリ絵巻展までにこのブログのシリーズは終わるのか、
それとも展示中まで書き続けることが
今自分にとって必要なんだろうか、ああこの気持ち
納得したり探りながら書いています。

1、2話で父への感謝を込めたコンセプトの展示目前に
父が突然あの世に旅立って、
3話でそれを機に祈りから得たイメージや
悲しみの淵にいても変わらず輝き続ける自然を絵にし始めた。
そんな流れでした。

因みに感謝を込めたコンセプトの展示は
なんでこんなタイトルにしたかな?と思うタイムリー名前で
オラクルカード原画展 「オラクルスナック天国と極楽 〜ときどき地獄〜」
(私はどこに家族を見送っちゃったんだろ。)

そこでの一つの目玉企画
ご来店いただきました皆様に
その場で選んでいただいたオラクルカードの原画から
ワンオラクルをお読みするサービスをすると決めていました。

私のやっているリーディングは
カードとクライアントさんとの間に流れる
エネルギーを自分のエネルギーを流して読みに行っているので
こんなヨボヨボでできるんだろうか?
どうするべ?人に変なもん流したくない
問いかけと焦りが起きる。

しかもこの手の悲しみってフタして平常心装っても
ちっともよくならない。
消化不良を起こすから悲しいは悲しいままに消化し続ける。
ウソのエネルギーで自分の心のカガミを曇らせてはならぬ。。。
そうは言いつつも間に合うんだろうか。

しかし状況は不思議なほどに自然な流れで来ているのだから
これが全て必然のことなら
あの世の仲間のエネルギーもこの場を作る一つになるんじゃない?
むしろそれを試されてるのではないか?
何となく父に最後に挑まれた試合のような気がしました。

いかなる状況でも本当にお前はできるのかと。
そういうのやってやろうじゃんっ。


(会場の風景)

そこから展示場所に行くときは
出かける前に数秒でも瞑想のような祈りをしていました。
自分の祈りがこの地球を一瞬にして回ってきて
今居るここがまるで宇宙の一部で自分も同じく宇宙の一部であるかのように。
そして今日一日全ての流れに乗って
適切なメッセージをお伝えすることができるように。
結局自分を奮い立たせるのも祈りだったのです。

「花のいのり/ Flower’s prayer」

その展示会場では祈りの絵を
いくつかひっそり飾っていました。
すると不思議なほどその絵の前に立ち止まってご覧になる方が
じっと涙ぐまれていたり
亡くなった人のための祈りの絵だとお伝えすると
その方も身近な方を亡くしたばかりだったりと
シンクロしていることが多々あり
ちゃんと祈りのイメージを受け取って描けば
あの世ばかりか近くの同じような心境の方にも届くものなのだと
教えてもらうことができたのです。

そこから次の制作につながりました。

テノリイノリはどこからきたの?ルーツを絵巻で辿る「テノリ・イノリ絵巻」展は3月31日まで

連載中の「テノリイノリができるまでの」過去記事
テノリイノリへ その3「祈りの絵」
テノリイノリへ その2「伏線の回収」
テノリイノリへ その1「オラクルスナックの祈り」
《序章》再び祈り –テノリイノリの世界