月別アーカイブ: 2014年2月

角川庭園・幻戯山房(げんぎさんぼう)「すぎなみ詩歌館」への道のり

今回ワークショップ会場は
四季を感じられる庭園を眺められる
お部屋が素敵な角川庭園で行います。
お庭も散策でき、自然の触感を
色に言葉にする作業には絶好の環境です。

アクセスがJR荻窪駅南口からは徒歩15分約900mの道のり
安心してお越しいただけますように
道にパン屑をまいて・・・じゃなくて道のりを解説しました。
ここに盛りきれない素敵な場所もあるので、
景色も楽しみながらお越しいただければ幸いです。

【角川庭園への道のり】
JR荻窪駅(丸の内線もあり)南口を出てたら、
右方向「南口仲通り」へ入って行きます。
角川庭園へ

通りを進むと右手にパン屋の「サンジェルマン」
ファミレス「ガスト」があり・・・
セガミドラックが見えたら左に曲がります。
角川庭園へ

通りを進むと左手に輸入食材の「KALDI」など賑わう道が続きます。
セブンイレブンのある交差点まで来たら、直進して想い出す味「あもん」の方へ。
角川庭園へ

少し進んで左にスーパーの「まいばすけっと」
見つけたら右に曲がります。
(右の角に荻窪4丁目21番の看板有)
角川庭園へ

この交差点右前方ある看板の矢印
分りにくいですが気にしません。
角川庭園へ

《ここから住宅街にになります》

この通りの左手の電柱に「荻窪4-25」という住所表記がついたものがいくつかあります。
だいたい300~400歩くらい進むと突き当り。
左側にこんな看板もひっそりあります。
右へ曲がります。
角川庭園へ

少し進むと左手に「大田黒公園」正門
(スダジイの木)
角川庭園へ

もう少し進むと緑化園(大田黒公園南交差点)
左に曲がります。(あとちょっと!)
角川庭園へ

左手に「大田黒公園」の裏門、
旭○成 荻窪寮にぶつかって道なりに右へ
真っすぐ進むと交差点、そこを渡ります。
(関係ないですが 渡って振り返ると可愛い松)
角川庭園へ

そのまま少し進むと左手の電柱
ここを左にという目印がでます。
角川庭園へ

あとはそのまままっすぐ進むと
角川庭園の建物の裏側が見えます。
角川庭園へ

到着です。
角川庭園へ

⇒庭園のサイトに地図があります

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

世界に一つのタイダイ染「イメージ・クロス」ムラ染・ペイント編

世界に一つの布

世界に一つのクロス

Tさんのロミロミサロンのための布です。
オーナーさんのロミロミとの出会いからサロンのテーマを伺って
部屋の写真とご本人をリーディングして
「風が通るスペースを与える人」のイメージして描きました。
ムラ染をベースにシンボルを描きました。

ご注文はこちらで承っております。
※ムラ染にペイントご希望の旨備考欄に明記ください。
世界に一つのタイダイ染「イメージ・クロス」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

ロシア気になる

いつもガツガツ見てるわけではないんだけど
今回は女子のスキーのフリースタイルのスロープスタイル見ちゃって
けが人続出・・・
冬のスポーツどんだけ~!!~ってびびりながら
金メダルの子の強気の滑り見ちゃったら
ほんとにこの世にこんな人がいるんだって
ただでさえウインタースポーツ縁遠いのに
更に輪をかけてどこの世界の話?的に唖然としながら見てました。
(もうあんなところ滑れって言われるくらいなら
何でもできるんじゃない?妄想ですけど)

そんなある日男子フィギュアフリーの夜に早々うたたねして
目が覚めたら偶然第五グループのメダルを狙ってる人
ばかりの演技の生中継のタイミングだったんです。

みんな血の気引いてる?って顔がぞろぞろ。
生中継ツイッターでもジャンプの失敗続きに
「やっぱりオリンピックの魔物が・・・」ってコメントが続々・・・
そうなのか~。
もうほんとに全員影響受けて
結果は羽生くんの金なんだけどさ
最後最後の滑走者のアメリカのジェイソンブラウンくんが
もんのすごいイキイキ笑顔で滑り終えてくれたの
あの状況で最後の笑顔にマジで癒されました。
(勿論それ以外にも色んな物語に感動しましたよ)

Jason

そうそうあと気になって凝視していることがあります。
それはソチグッズ・・・・
このクマ、このサイズ感とクマの顔がたまらん
Kuma

iphone20140216 071

あとはこの公式ウェア。
写真は羽生くんの通訳の人
ロシアの伝統柄を元にパッチワーク的にデザインされて色もかなりあるのですが
この通訳の人が着てるのが・・・・ステキ☆☆☆☆

勿論、開会式の様子も魅力的だったし
これに合わせてNHKで「ハイビジョンスペシャル 
サンクトペテルブルク音楽の都300年の物語~
ゲルギエフとたどる栄光と苦難」が流れてて
いつもよりロシアを知って。
何を美しいと感じるかは どんな影響を受けて
生きてきたかもあると思うのですが
いつもよりたくさんテレビやネットで見られるロシアに
日々こんなにときめいちゃっている自分に出会うたび
知らない間にこんなにロシアの影響を受けていたのかと
驚くのと同時に まだちゃんと出会っていない
素敵なことが待ってる?ってワクワクしてしまう。

スポーツに熱烈興味無くても オリンピックによって
その国の魅力を知るチャンスにほんとになるなあ。
東京オリンピック開催イイネっ☆

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

スイトピーのワンピース 

dress02

dress03

dress2014

祝福の日に向けて製作した気軽なワンピース。
何気なく赤だったけど
雪~ダルマを調べていたら 
赤には魔よけの意味もあったんだったって
後で気づくことに。

祝福したい気持ちを見つめると 
誰かの無事を祈ったり
何か困難があったとしても
なるべく小さいものであって欲しい
いや、どこかで困難なんてあるはずだから
それをどうにか乗り越えて・・・って
何段階にも色んなガードがきいている思いなのかもって
ウェディングキルトを作ったり
ワンピースの色をイメージしながら
そこに気づかされたりしました。

スカーフにしているのは
12月のワークショップで作った赤い布です。
アイロンをかけておけば
洗っても色は長持ちしますので
こんな使い方もありです。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

子どもに見抜かれるの巻!?

先日の触感のブログで書いた子どもと
遊んだ時に気づいたことの続きですが
塗り絵にするベースの絵を早く描いてって要求されて、
なかなか子どもの要求についていくのも大変で
最初はカーズのDVDの良い感じのシーンを再生して
一時停止して必死で描いてたのですが
効率上げたくて後半その辺に転がってたカーズのミニカーを見て
サクサクっと描いちゃえってやってみることにしました。

するとサクサク描けた絵を少しは塗るんだけど
後は関心を持ってくれない。
再びDVDで必死になって描いてみると食いつく。
どっちが上手いかって言ったら前者なのに。

そして子どもも色を塗るのにDVD止めるの大変だから
ミニカー見て塗っちゃえばって言うと
やるのだけど、使ってる色の数が断然減る。必然的に意欲ダウン。
なぜだかわからないけどDVDの映像の中には色もエネルギーもあって
ミニカーの中にはコピーしたものしかないのかもって思わされる。

だからほんとにこれ良いなって心惹かれる対象を
絵に描こうとしたら ちゃんと絵には写るんじゃないかな。
それは上手か下手じゃなくて 
エネルギーが入るんだと思う。
しかも子どものような感性にはバレる。
逆に上手下手にこだわっちゃったら 
入るもんも入んないよ~ってこと?

私のやりたい色を使うワークショップも製作も
基本はそこを大事にしているけど
まざまざと そういうことだよって
目の前で見せてもらったみたいで可笑しかった。

もしかして本当は子どもの時の方が全部わかっていて
大人になるにつれて分らず屋になっていってるんだろうか?
やっべー やっべー

ぬり絵

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

おひとついかが?のこころ

昨日触覚・皮膚感覚について考えてて
染物をする時も染料に素手で触って
感じている情報あるよなあとか
ほんとにたくさん思う事があるので、
あれこれポカポカ考えながらミスドでお茶していたら
後ろからバタバタバタ・・・って袖を叩かれた。
うっわー誰??
怖すぎ~って恐る恐る振り返ったら、
「ストール落としてますよって」ご指摘でした。
ありがたいんだけど、びびる。。。
こういう時、人間も野性の動物なんだなって思う。
見ず知らずの生き物と距離って大事なんだよう~TT

そういえば私が今年の目標にしていることの中に
「ポケットの中のビスケットをシェアするくらいの力加減」
というのがあります。
人と一緒に仕事をしたり旅したりする時に、
手持ちの中のおやつをおひとついかが?って分け合うような感覚。
去年はとにかく「無理したい」がブームだったので
かなり違うパターン。

今の自分の手持ちのもので
(更に何かを学びに行くというより)
新しいことをしてもいいと思うし
今までのことを更に面白く、深くでもいい。
でもタイミングよく、ここだなって思う時に素直にシェアできる
無理の無い感じ。

誰かと仲良くなりたい時に、
菓子折りを持って行く感じじゃなくて
(あやしい態度ぽい)
飴でもどう?みたいな。
気楽で安心があって、なにより自分のハートを
尊重しているような感覚。
(実際いろんな職場で仕事してる最中
ちょっとしたお菓子を分け合うと空気変わってました)
でも これって書きながら結局自分との付き合い方なんだな
今気づいた。(笑)

もちろん実際菓子折りを持っていく行動が
ビスケット一枚な感覚だったらそれもありです、例え。
最近早速ちょっと無理することがあって、
なんだかんだ行ったり来たりですが、そこベースにすると
それでも乗り切る方法が変わってきているような気がする。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

触感について思うこと

iphone20140216 080

友だちの5歳の子どもと留守番をしていたとき
マイブームで持ちあるいていたペンテルのクレオロール
(クレヨンの芯が中に入ってねじりだす仕組みのペン?)で
カーズの絵をアウトラインだけ描いて
中を塗らせるってのをしてたのだけど
両親たちが帰ってきて
紙がもっとほしい~って言いだした。

親は家にある紙を使っておけって言うのだけど
本人は私の持っている画用紙(表面がザラザラ)を指して
こっちがいいと要求する。
ぱっと聞いた感じ紙なんてどれも同じじゃないか
ましてや5才の子にとって・・・ってなる。

でも実は私もこれで描き始めて
紙は画用紙タイプの方が
クレヨンの色が軽く描いただけでも、
さらっとしながらもたっぷりのるので
心地よくてこの組み合わせで持ち歩いていたのだ。
むむむ・・・こいつ分ってるな~と思い、
親に説明して私の画用紙で塗り絵続行。

人間の感覚っていろんなものがあるけど
道具(ペン)を通して他のもの(紙)に触れるような
間接的な触感もすでにこんな時代からあるんだなあって
ちょっとびっくり。
微妙なんだけどこの快・不快があるから 
人間は成長できるのかな、なんて想像する。
そのための触感ってすごく役立ってると思うんです。

3月15日のワークショップでは
あなたにとってのフンワカって触感を
色にしちゃうことを企んでいます。
触感を色にすると・・・
どんな作品に出会えるのか企画している
自分自身が楽しみにしてたりします。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

Wedding Quilt

wedding quilt

結婚パーティーに向けて
新婦の家族、親戚の大人の女性たち5名
新婦をイメージしたり、彼女の好きなものを
布に刺繍してもらう予定で・・・・
苦手な人は小学生の子どもにやってもらったり
もっと苦手な人はイメージした柄や色の布を提出してもらい
最後マルモッチがアレンジして製作しました。
一つ一つの枠ごとに本人にしかわからない
意味のモチーフが入っているのですが
写真をまともにとり忘れたので 後日。。。

こちらは料理上手な二人のために
パーティー当日 参加男性を中心に
エプロンにペイント。
エプロン

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

だるま

や~降りました。
雪国に対するあこがれがあったのでシメシメと言いたいところが
とある結婚パーティーの準備とかもろもろで 
物事を計画的に無事に終了するには いっぱいいっぱいで
全く雪に心で反応できないよな自分にはたと気付き
心を亡くすと書いて 忙しい・・・とはこのことか!?
そんなのやだ~って見回したら、ダルマさんのお姿を発見。
ダルマってそういうえば、禅宗の達磨大師のこと?
結構渋い・・・でもやっぱりカワイイ雪だるま☆
溶けかけだけどちょっと撮影してみました。
自然もだけど、町を歩いて
どんな場所でどんなダルマに遭遇するか・・・
予測がつかない感じも面白い。

iphone20140210 068

iphone20140210 071

iphone20140210 072

iphone20140210 081

iphone20140210 082

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

新作「ダイチ」のシリーズmarumocci art shopにアップしました

iphone20140201 058

新作をmarumocci art shopにアップしました。
自分だったら今これでスイッチ入れるなって思う色
暖色系の作品はピンク、蛍光ピンク、
赤、オレンジなんかをギューギューに詰め込んで
春に伸びるぞ~エネルギーチャージしちゃうぞ~な
感じを染めてみました。
ぜひ一度ごらんくださいませ。

marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon