カテゴリー別アーカイブ: 自然

ちょいと旅日記 山口その2 宝探し

山口の一泊旅の続き。
食べ物の写真少ないですが、
今回一番ヒットしたのは 宿の朝食バイキングで食べることができた 「あかもく」です。
あかもくを茹でシラスと専用のたれと小葱ちらしてご飯に乗っけて食べる。もしかしてこれで十分なんじゃ!?って朝食の図は バイキング形式の他の料理に申し訳ないほど。

梅干しが欲しい〜と騒いでいたら ここの直売所にいいのあるからと寄った大楠の森。本日は お休みで。。。大楠の周りをうろつきました。ここでもホーホケキョ ホーホケキョとよく鳴いておられました。
鳥のさえずりは いいねえ。
山の景色、肌にシダがいっぱいついても元気な木々とか、光とか
動画に撮って今も再生して眺めて
あの満たされた気持ちを反すうしてしまう。
自分が自分の中心にいる感じがあって心地よくて
何も問題感じないかんじ。

「革」の看板の前にたたずむヤギが気になって気になって、残酷な何かを物語るのか 革屋さんへ立ち寄りました。(通りすぎたのに あまりに気になって折り返してしまった)

ステーキ屋の店先に牛のぬいぐるみがあったら引き寄せられるので、そもそもの人間の罪深さっていうか残虐性を自覚させられますわい。

フレンドリーなのか否かはよくわからない寄ってきたり、頭突きしたり、離れたり、おしっこしていくヤギさんたち。

笑ってる?

逃げ出すふり?

顔を見に行った叔母の家。とにかくブラックジョーク好きの庭には満開のジキタリス。
毒性有りで全くブラックなリアルライフ
チョイスが テルミーワーイ!?(モンテクリスト伯のテーマソングっす) コワーイ
急に帰ったり寄ったりするので、そんな 「年中フリータイムの人」という新しい名前をいただいて帰路へ。

福岡空港に行くまでに少し時間があって 博多駅に着く直前、何か見たことないところを思い巡らす。

あ、博多人形。

大好きなクリスマスマーケットにも 博多人形のサンタが出ていたし、本物見たーい。

バックグランド知らないし、定番は黒田節人形だろうか。くらいの知識。
お土産屋さんに見に行く。
なるほどなるほど。
まだ自分にとってこれという人形には出会えず。
納得して、お散歩。

するとある文字が

「うその餅」

嘘?ニセモノの餅??
餅大好きマルモッチ 聞き捨てなりませーん!
店員さん教えて、教えて~

なんとウソとは鳥のうそ(鷽)なのでした。
太宰府天満宮の神事「鷽(うそ)替え」にちなんだ縁起物のお菓子。
うそは天神様のお使いの鳥なのです。
餅の中に入っている小鳥がウソなのです。

下の写真は木彫りのウソ。
実際に古くからお菓子の梅園さんにおいてあるものだそうで、特別に今回博多駅まで来ていました。
しかもですね・・・なんとお菓子に入っている現在のウソは博多人形!!
これだ~!!
目がハート

そして1月だけは昔ながらの木彫りのウソに戻るそうです。
(現在は木彫りのウソを作ることができる方が少なくなったためだそうです)
西日本に行くときは極力人気の少ないところに行きたかったのですが、次は大宰府行ってみようかな・・・(たぶん観光客がワンサワンサ)

テノリイノリさんたちとご対面~

無計画でフリータイムすぎる旅は人を巻き込むと迷惑ですが
一人になって、次の駅に着く直前にひらめく物探しをすると、その物以外の楽しい事に出会えるので、旅の宝さがしはやめられません。

ではお菓子を開けてからテノリイノリさんとの出会いを動画にしました。

marumocci art shop

オラ・オ・ラブ

今年最初のゼラニウムが咲きました。
最初の一輪が咲いた時の ウワっとなる感じ。
普段あまり花を育てないので
毎年咲いててもびっくりする。
そしてあの色に香りに毎年ときめく。

前のブログで、樹木を育てるって
愛がこもってるようなことを書いたけれど
ほんとうかなあと・・・一回疑ってみた。
で、植木鉢に水をやるときの感覚をそれで思い出したのです。

それが以下の図のようなことになります。
図解で迫る・・・

大好きと大嫌い 
この軸で動いているわけでもない。
だからと言って無関心方向に行くわけでもない。

時々可愛いなって思うけど
四六時中でもない
あ、そろそろ土乾いてるな
水やっとこ。

オラよ。

三つの方向に向かうそれぞれの矢印の
どれでもなく、
そこらからぽかんと宙に浮いたような感じ
二次元から三次元に・・・

水だよ、おらよ

オラオラ・・

オラオラ

オラオ。ラブ・・・

ってことなんじゃないかって?

えーこのくらいだったら 
ブログをご覧の皆さまも
割と頻繁にラブ ふりまいてません?

今宵もよい夢を。


作者の妄想にあきれて三方向に祈るテノリイノリさんでした。

NYの旅 その1 ーオモイオモイ

ある日ソファーに座っていて
「ニューヨーク」って文字を見た時に
これだ!って飛び上がったから。

短歌のサラダ記念日的に
「ニューヨークがいいね」と
君が(私の直感が勝手に)言ったから
渡米記念日みたいに

ハワイ以外行ったことない
アメリカ行くなら国立公園かモントレーの水族館と
表層意識が言ってましたのに
こういう時の直感に抵抗しても仕方ないので
今の自分にカツ入れるにはここかと。。。
大都会ニューヨークさ行くことに。

確か牛嶋浩美さんのニューヨークでの個展も
Facebookの招待いただいて
(誰でも招待は出来るものだけど)
ああーこういうお誘いに
サクッと通りすがり的に行ける
自分でいたいよって思った記憶あり。

というわけでしゅっぱーつ

初日

クロワッサン朝食をアパートの下で取って
さらにユニオンスクエアのホールフーズで
腹一杯サラダバイキング?
サラダビュッフェを食らう

ユニオンスクエアでガンジーさんに会うの図
この辺りってちょっと地下鉄の入り口とかが
パリのメトロっぽくて
アメリカの建造物のテイストが
気になり始めるんだなあ。

街をぶらぶらして
Hiromi Ushijima
JYOMON MANDARA IN NY 会場へ
大盛況の図

実は出来たばかりのマンダラカードを
引かせていただいて
この旅を象徴するキーワードをゲット
これは後々も面白いことに。

そしてやっぱり気になる都会の緑
セントラルパークへ

そこらへんの神さまスケッチにも描きましたが
この鳥だのリスだのに餌をあげるおじさんの
(鳥と言ってもハトにスズメに
あのアングリーバードの赤い
ショウジョウコウカンチョウもいたんだよ!!)
隣には孫らしき赤ちゃんをバギーに乗せたおじいさんが
ベンチに座ってお弁当をもくもくと食べてて
その隣で四六時中リュックから餌を出して
色んな鳥をバッサバッサ飛ばしまくってる
ホコリもなんでも モウモウに巻き上がる中
赤ちゃんは時々餌やり爺さんに振り返ってもらって上機嫌
混沌じゃよ。
あっちで眠る人(治安ってどうなんじゃ?)
こっちでカードゲームで笑いが絶えないグループ
これぞ公園における
「思い思いに過ごす」ということなのかと!!

NEW YORK
数秘で555で始まる
自由のエネルギーたんまりの街に触れた気がした。

marumocci art shop

海辺の夕焼けの力

ここ数週間お台場にいることが多くて、
空いた時間にあれこれ面白そうな景色や生きものや、
植物を見て歩いてました。
東京もいろんな景色があって
こういうところもいいないいなって
見つけてはニヤニヤ。

その中でも夕焼けを見るのに
今日はどこから見ようかと楽しみにしてまして
ラスト2日に見た夕焼け。
この景色の中にいる人間の
みんないい人なんじゃないか?
もしかしたら幸せなんじゃないか?
内心を聞いたわけでも
知り合いでもないのにそんな気持ちになった。

海辺の夕焼けは
自然に対して人間はちっぽけみたいな対比でもなく
ただ愛おしい生きもの
健気な生きもの
美しいもの
そんな一面をみせてくれる
マジックを持ってる気がした。

marumocci 絵画作品
marumocci art shop

明治神宮「不思議の森に集う。」



先日明治神宮で開かれた「不思議の森に集う。」を聴きに行ってきました。
神宮の森の総合調査に携わられたプロの方々の生の声が聞けて、どんな生き物がそこでどんな活動していて、その生き物の様子で自然の豊かさが分かるわくわくを味わった。
自分にとって森はその命の気配ぜーんぶまとめて味わってるものだったり、一つの命を追いかけるよりは ブーラブーラしてたらひょんなところで生きものに出会うのを楽しむことが主なので、同じ森の中でも別世界のようでした。

ところで元々田舎者の自分が東京に長く住んでいると都合の良い自然にばかり親しんでいる気もする。最初に住み始めた時は海も山も見えないことにココロがビョーキ〜って思ってたのに。
近所に公園ができ、草木が少ないから砂ボコリが起きて苦情になって、対策のシロツメクサを生やす間 一旦閉鎖された。
しばらくして草むらになって、ある日そこには区役所の看板で「このへんヘビがでます」と。
え、出たらダメなの?
それ区が警告しないといけない重要事項?
子どものころは家にムカデもヘビも来てたけど。
都心でヘビ見てないな。

そんなことをアパート経営をされている方に話すと、うちなんかアパートの周りに虫が出ますって苦情が出るんだよって。害虫大発生ってわけでもなくても。
どうやら虫が居住空間にいないことが当たり前になってきている。
そういう私もヘビに遭遇したら結構驚いて飛び上がったりするし、日々ベランダの植物を喰らおうとする虫とは愛のかけらもなく戦っている。

先日なにかの番組でプラントハンターの西畠清順さんがマンションの敷地内に銀杏を植えるのを提案していたら施工側と意見が合わないシーンがあった。実が落ちると臭いからだ。季節の香りってことでもないらしい。落ちた実を片付ける手間入るわなあ。

この都心の人工的で洒落乙な空間で暮らしながら、自然との快適な関係ってあるんだろうか。人間の自然に対する許容範囲は狭くなっていくばかり。

そんな中で、あの明治神宮の森というアクセスの良さと自然との豊かさは忘れがちな感覚を身近に取り戻すのには最適なんじゃないかと、ぼんやり好きだったあの森のことをあれこれ見直していた。

サボテン通信 2016

暑中お見舞い申し上げます(ギリギリ)

このあっつい盛りにベランダで1時間いたら・・・
って想像もしたくない暑いの苦手
この暑さに24時間ベランダで
キャッキャとしているのが
うちの植物たち。

とりわけこの新人モンステラ&サボテン軍団です。
涼しくはなりません。。。
ただちょっと元気がでそうな様子をお送りします。

湿気と暑さって最悪の組み合わせに小躍りするモンステラ

木質化にもめげず今年新しい子サボ(新しい緑色のところ)3枚を生み出したウチワサボテン

右から2枚目が新しい子

株分けしたところから新しい子が生まれました。

サボテンぽいけどサボテンじゃない
大雲閣チーム 手が生えてきたよw わーーい

2015年のサボテン通信

リーディングで描くヘナ・アート
そこらへんの神さまスケッチの販売について
marumocci art shop

オーレイ・ デ・モーデテ マタ・モラーウ

お礼でお参りしたつもりが
またチャッカリ エネルギーをもらってきました。

明治神宮、久しぶりに原宿側から来たので
鳥居横のカフェで一服。

木の枝のこんな形に伸びてる一つ一つが可愛くてたまりません。



森の小道は そこに立っているだけで
じわわーっと 大いなるものに守られているような安心感で
じわーっと泣けてくる

平日の昼間の広場は カラスが アヒルみたいにノコノコ歩き回ってる。

代々木の杜の道標 月刊『まごころ』をいただいて
(森の中の生きものにまつわるコラムがあるのでオススメ)

代々木側に出てカフェヌックさんでカボチャプリン。
(森に入る前と後の両方お茶してる!?)

森と森の周りの居心地のいいところ全部があって
代々木らへんの神さま絵になったんだな〜って思う。

ぐるっと大好きめぐりでした。


marumocci art shop
marumocci facebook

猫は世界とパッチワークする!?

ぼおおーっと散歩していて
ふいに、あれ??
今目の中に入ってきた素敵なものは?
ってつい二度見すると猫なんです。

金属質だとか コンクリートだとか
建物独特の質感、植木の色合い
私の毛皮の色あってますやろーって
絵になってますやろ?って
アピっってるよねと思うことが多々あります。

君そこからのぞくかね。
  
アップ
素敵な門扉になってますよ。
  

白い毛皮はがより白く見えるところ大好き?
もしかして女優ライトですかっ?
こんなにガーデンライトを活用してるの
人間にもいないかもねえ

壁の苔色の濃いところに鎮座して
歩道にはお尻向けて尻尾振ってました。  

撮影しだすと、すぐ振り返えるね。  
 

猫って客観的に自分がこの景色の中に
存在することで どんな景色が出来上がるのか
わかってるんじゃないかって思うくらい
写真ではなかなか難しいんだけど
実際の景色はとってもマッチしてるんです。

猫たちは景色の中の異素材を
上手に組み合わせたパッチワーク作品を
移ろう季節の中でその時その時
作品にしているんだなあ。

marumocci art shop

秩父の旅ー神さまとの対話?

先日の三峰山、上り同様に下りもバスで帰れることができたけど
昔の人は通っていたという山道の表参道
下るだけ1時間半なら、どうしても通ってみたくなった。

スケッチに夢中になってカラスに注意されるくらい
時間を忘れていなければねえ。。。

ここからスタート!
IMG_3068-0.jpg

計算すれば日没に30分くらい遅れる予定で山を下り始め
なんとか時間を縮めたくて最初は猛ダッシュ。
下り始めて15分後に上りの人1名に会った以来誰もいない。

フワフワの大きな枯れ葉、いつもだったらカワイイって思える。
こんな急いで降りたい日は
足がどこまで沈むのかさっぱり予想がつかないので本気で困る。

  
昔読んだ『アルケミスト』という本の中で
主人公にスプーンの中に油を入れた状態でこぼさないようにしながら
世界の美しいものを見ておいでというシーンがあったのだけど
それが頭の中をくるくるめぐる。
足元も時間も心配で山の景色を見る余裕がなーいw
たまに少し気にして、フーハアアーあの組み合わせキレイとか見るけど

日没まで降りることで必死だどぉ。

「清浄の滝」の写真を撮る間だけ休憩。

IMG_3090.JPG

熊が出るので鈴かラジオで存在を示してねという意味の看板は
人っ子一人いない山道だし
歌でも歌って賑わっていたらどうかな?
なんて思って気楽に考えていたけど
滝を過ぎてからしばらくすると
聞いたことのない獣の鳴き声
フフォフォフォフォーーーンと
谷になり響き、あれれ??あれええ???

真剣に考え直してアイフォンのアイチューンに入っている
ジャスティン・ビーバーと
ピット・ブルをとりあえず鳴らしながら歩きだした。
(ここでシリアスな曲をかけられたらツワモノだなあ)
心の中では神さまに、
世界のねカナダとかアメリカってところには
こんなミュージシャンもいるんですよー
どうですか?案外良くないですか?
この山道で聞けることなかなかないでしょ?
って語りかけてる。

しかもピットブルが今夜どうだい?的な歌詞なのに
そんな煩悩をイメージしずらいの何の。
そうか、この山の中にいると(状況が状況だってのもあるけど)
今に生きてるんだ。今にしか生きられないというか・・・
足を前に出す。ここに足を置くって動きに集中して
その少し前とか後とかに意識はいかない。

意識が飛んだとしたら映画の「ロード・オブ・ザ・リング」の世界みたいに
山々を歩いて移動しながら、オークとか匂いで探してくる悪者に
追われてその気配を感じる・・・なんてこと
現代人の私には完全に無理だなあって妄想したくらい。

そんなこんなで無事に下山した瞬間は、
練習を終えた野球部みたいに
ぶっきら棒にありがとうございましたと
山に向けてつい声がでる。

後から考えると、どうしてこんな山道
ビビリで運動不足の私が一人で通ったんだろうって思う。
バンジージャンプで大人になる儀式のような経験を
ギュッと味わった時間でした。
もういい大人なんだけど、妙な成長・・・・
しんどさと自由さが入り混じる。
でも今度はちゃんと早い時間帯だな。

今日も言葉で綴る神さま、アドベントカレンダーブログへ
お付き合いありがとうございます。

marumocci christmas market
冬のプレゼント企画☆世界に一つのタイダイ染「イメージ・クロス」
marumocci art shop