「Hちゃん」


今日のそこらへんの神さま絵は「Hちゃん」

ほんと腐れ切った縁っていうのか
同じ東京に住んでいても
エリアがちょっとアクセスしにくい場所に引っ越したり
会える共通のイベントもなかったりして
縁がなくなったわ~ってことも考えないようになった友達に
チャリンコをスローペースでぶーらぶら乗り回してたら
目の前を歩いている・・・あの人は
って再会した人・・・案外います。
これ何縁???

そのうちの一人の作品展の情報が、なぜか偶然流れてきて
面白そうだし、行ける!と。。。最終日駆け込んだ。
途中渋谷の雑踏の中で熊川哲也さんを見かけたりして、
なんて素敵な日だwww!!?って、小躍りしながら。

そしてギャラリーにいた友だちの作品を
こんなにうまかったっけ?
つーか、まるでうん十年もこの手の作家してます
みたいな顔しちゃって!って爆笑しあって
(そのへんお互い様だけど)
搬出で忙しいのでバイバイして
お客さんで来ていた初対面のHちゃんと
とにかく喉が乾いたし
帰り道一杯飲んで帰ろうか・・・って
立ち飲んで喋って、
ちょっと座れるところでもまた飲んで喋って、
気が付いたら長丁場なんだけど
初対面でお互いがここまで腹を割って話しあうこと
あったっけ??ってくらい
いろんなトピックについて深く掘り下げて話していることに
家に帰ってからじんわり気づいてしまった。
なんだろなあ あの安心感。
体育会系な接客業で鍛えられてくる人特有の
仕事で人に接するサービスは仕事だからって割り切りと
そうじゃないときは完全にプライベートって
線引きがあるに決まってるじゃないの!?が
通用する感じが より一層打ち解けやすくする。
自分が何者でもなく
ただ感じたり考えに至ったことだけがシンプルに存在する丸腰感。
そういう風にお互いに持ち寄って話せることも
ちょうど生きてて今の時点だからなのかも。

全然元々の訪問の目的とか
出会いそうなジャンルと違うのに
まるで旅をしているような感覚で
面白い出会いが重なって
二重三重に輪をかけて楽しい時間だった。はーありがとう。

[H-chan ] Size: 2L/ 18 * 13 cm)
2017年11月21―23日「marumoci Christmas Market in HARAJUKU」展
そこらへんの神さま絵とは?
そこらへんの神さま絵の販売について
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

コメントを残す