「蠍座」

「蠍座/ SCORPIO」

はーるばる来たでじゅうがつ~
2017年も10月です
今までそこらへんの神さまシリーズで描き切れなかった星座の方
お待たせしました。
このシリーズは10月に完結します!言い切った。
星がより一層輝く秋
秋が心の泉もまんまんに満たしてくれて
12星座にGoサインが来た感じです。

唐突に蠍座から始まるのは・・自分のバースデーマンスだから。
何を祝福するかって、まずは自分から。
そして好きな月を一日一日大切に楽しんで過ごすにも
絵を描く課題を持つことで毎日がより彩られる。
しかもたいてい10月って恐ろしいくらいに怒涛のように
過ぎていくパターンが多いという現実もあるので
10月、11月、12月の季節の変化が一年で一番好きな時間を
心に、絵の中に刻んでおこうと思うのです。
11月のクリスマスマーケット展に大きな祝福を詰め込んでいくためにも。

一年中どんな日も誰かにとって特別って
365日の占い本をしげしげ人の分も読んでると
自分がボヘーっとすごしたあの日が
他の誰かにとってはこの上ない幸せな日かもしれないって
同じ今日という日を人それぞれが違う気持ちで迎えていることが当たり前であり
なんとなく時代の中で共通の思いがあったりするんだろうなってことも
想像しきれない限界とたまに起こるシンパシーの
入り混じった海の中で
人間が出会う・・・素敵、いい時間にしようね。

部屋の模様替えをして出てきた
よしもとばななさん(ひらがな表記時代の作品)
『花のベッドでひるねして』を読み返す。
主人公のおじいさんの言葉
珍しく付箋をつけまくってる一冊だから名言はすぐでるんだけど
帯にもある言葉から
「もちろん人生は
きつくたいへんだし様々な苦痛に満ちている。
それもで心の底から、だれがなんと言おうと、
だれにもわからないやり方でそうするんだ、
まるで花のベッドに寝ころんでひるねしているみたいに。
いつだってまるで今、そのひるねから生まれたての気分で起きてきたみたいな」
声に出して読みたい日本語??というのはあれだけど
家を出る前に唱えたいフレーズ
時々思い出してすすんでみよう。

[蠍座 / SCORPIO] Size: 2L 18 * 13 cm)
2017年11月21―23日「marumoci Christmas Market in HARAJUKU」展
そこらへんの神さま絵とは?
そこらへんの神さま絵の販売について
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon