「橋田常雄 / 高嶋政伸さん」、「小林隆さん」

[Tsuneo Hashida/ Masanobu Takashima] Oil Pastel / Size: 18* 13cm

今日のそこらへんの神さま絵、「ドラマ編」・・・というカテゴリーで。
ドラマの登場人物って、今の時代に今生きている役者さんと
製作者の方々によって作られる今しか見ることのできない
幻影のような創作物で 見ている人間に何かを残していく。
それが自分にとっての気づきであったり、
様々なメッセージだったり、きっかけにもなるからです。

今回は木曜ドラマ『黒革の手帳』より、予備校理事長橋田常雄役の高嶋政伸さんです。
私にとって忘れることのできない『真田丸』、そこで高嶋さんが演じた北条氏政、
時間が足らずに描けずに終わった・・・心残りをちょいとここで。
ドラマの1登場人物としての北条氏、滅亡向かう武将を、
あんなに思いとどまって~と思いながら見ることあっただろうか。
それだけ北条氏政を魅力的に描かれて演じておられたのですが。

今回のドラマは裏口入学の1点加算は30万~あたりが相場と言われている前振りの会話のあとに
裏口斡旋を依頼する学生の親に1点100万円をふっかける医学部予備校理事長 橋田常雄
真実の愛を叫びながら主人公のクラブカルネのママに襲い掛かる 橋田常雄・・・(トホホだよ)
さて隠された橋田の莫大な財産はどうなることでしょう。

またこのドラマでは今週は同じく真田丸で豊臣家の家臣でありがなら
ズッコケキャラで豊臣をまさかの追い詰め方をしてしまう片桐且元を演じていた小林隆さん出ていました!!
息子の裏口入学の相談に理事長の橋田常雄(高嶋政伸)を夫婦で訪ねる役で。
基本的にコミカルなシーンは存在しないはずのドラマの中で
深刻に相談して、裏口入学金が億単位と知って案外安い・・ってリアクション。
ああ、この人にしか。。って役です。
なんと贅沢な。
そして豊かさとは髪の毛のボリュームなのだろうかと
考えさせられる医者夫婦像も面白すぎる。
良かったらスマホアプリのTVerで。

記念に二枚投稿です。


[Takashi Kobayashi] Oil Pastel / Size: 18* 13cm

そこらへんの神さま絵とは?
そこらへんの神さま絵の販売について
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon