「こども」

今日のそこらへんの神さまスケッチは久しぶりに明治神宮の広場に行って描いてきました。
ちょっと晴れてたので、
この明るさ、描くしかないでしょ!ってところでしたが、
着いた時には曇り始め、
閉門時間も冬場は早い。
これ描こうってと座り込んだら
割とひんぱんにヨチヨチ歩きから
就学前までの子供らが
ロボットのようなぎこちない動きで
のぞきに来たり、お腹を見せに来たり
ひろーーーい芝生の中で
目の前がなかなかパーティー状態(かわいいじゃないかっ!!)
どうなんだこれ???
そうだこれだということで「こども」なんです。
子どもはまだ神さまみたいなもんですから。

とは言うものの、それでも目の前のやりとりはこんなことが大半
幼児が「こっち」と
母が行く方向と反対を指し立ち止まる
母はちょっとイラっとして「なんでっ」って問う。
「こっち」、「なんでっ」
「こっち」、「なんでっ」
無限に続きそうな問答。。。。
ヨチヨチ歩きの幼児に
「ワーイ、ナゼソッチニイクノデスカー?」
「ビコーズ○○ダカラー」
そんな対話は無理。だよな。。

しかし、そこにはもう一匹、
お兄ちゃんもいて、さっきまでクルクル回って
やっと帰るモードになったところだったのだ。
落ち着いたろころで突然逆走する幼児に
「早く帰ってお父さんのごはんの用意もあるんだよー」
母は訴える。
しかしそこは子ども。我関せず。

野性なのか、神聖なのか
理にかなわないことばかり。。。
これぞ本当の「神対応!?」
なんつって。

[child] , Size: 2L (18 * 13 cm)
そこらへんの神さまスケッチの販売について
marumocci art shop
マルモ旅バッグ「NY」ショルダー&トート受注受付
オープン・アトリエ Nami-mano [Art & Life ]
クレパス・アート ワークショップ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon