「オーロラ」#03

  

今日のそこらへんの神さまスケッチも「オーロラ」3枚目です。
しつこいなーって気になったので 他のものを一瞬描こうとする自分がいたけれど全然クレパスが進まないのでオーロラに戻ってきた。
オーロラには国によって どうやら幸不幸様々な伝説があるようですが、天国と地獄を結ぶ橋だとかね。
なんとなくそれもわかる気がして。
でもネガティブな意味じゃなく、ただあの世感があるんだと思う。

自分にとっては大切な人の死ってあんまりジワジワきたことがなくて、どちらかと言うとある日学校に行って帰ってきたら家の周りが葬式の花輪でいっぱいだったとか。
大好きな先生が最近元気ないらしいからお家に遊びに行こうって言って、行ったらなんだ元気じゃんって笑ってワーワーキャーキャーやって、またねーで分かれて三か月くらいたったら家の玄関で亡くなってたとか。(ご家族もかなり面白がってブログに書いてるのでこうやって書いているのですが)
あまりに唐突でしばらく悲しみにくれる。いや、もしかしたらあんまり悲しみにくれるから、気を使って突然あの世に行ってるんじゃないかと思うくらい。
でも月日が流れて花が咲けば、「あ、花見に誘わないと」って何年か普通に連絡しそうな自分がいたり、どこか旅に出てるだけって感触がでてきたり。
普通の日が続いている中に予告のないサイナラがくるのを通して、なんとなくみんなそれぞれの約束ごとがあって地球に来て、帰っていったのかなあとどうしても考えてしまう。
それで時々向こうでどうしてるんだろ?ってちょっと思うんだけど、オーロラを見ていると いつかたずねた「元気にしてる?」への返事が、今かよってタイミングで「元気でやってるよー」って返ってきているような気がどうしてもしてしまう。

[Aurora #03 ] Size: 2L 130 × 180 mm
そこらへんの神さまスケッチの販売について
2016 春のワクワクお出かけバッグセール
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon