「土井善晴先生」

  
今日のそこらへんの神さまスケッチは「土井善晴先生」です。
い、生きてるやん!?って。

友だちがこのサイト神さまいるよーって
紹介してくれて見に来てくださった方ごめんなさい。
ものすごい個人的感覚の神々
いわゆる若者ことばの神〜的な存在を
その日のインスピレーションで描いてたりします。

去年私の家での料理盛り付けブームに火をつけたのは
まさしく土井善晴先生で
テレビ番組の料理盛り付けで
芸能人を格付けするコーナーで
なんかこの盛り付け どうなん?
何て言ったらいいん???ってモヤモヤする盛り付けに
第一声が「きちゃないですね」とか
ほんとにその意図を読み取って
何がその形に繋がってるのか
形につなげることができるのか
たんたんとわかりやすーく話されているのを見て
神だwと思いました。
それで こりゃ自分ひとりのための料理であっても
中身ええ加減でも 盛り付けくらい神経使おって
たまに気をつけるようになりました。

それから 視点・論点で出演された時の「家庭料理と旬」のお話。
「旬を愛し、楽しむのは、日本人と獣や鳥だけ だと思います。」
日本人、獣と小鳥と並んじゃった
なんだか楽しい。

そしてなにより「一汁一菜」に「初期化」するという考え。
(『おかずのクッキング新しい一汁一菜』も買いましたよ)
ほんとにね家族のいる方は食べさせる
プレッシャーあると思う。
いなくても ちゃんと食べなければという
プレッシャーもあります。~_~;
でも旬のもので一汁一菜、
たまに余裕があればプラスする
これで身も心も満ち足りるって
気が楽になるではないですか!?

神で 救世主。。。
2月8日お誕生日おめでとうございます。
(勝手に祝福してます)

[Yoshiharu Doi ]Size 2L 130 × 180 mm

スケッチの販売について
オーダー製作 「リーディングによるカラーアート」 A4パネル張り
オーダー製作「リーディングによるシンボルカラーアート」(アクリル画)フレーム付
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon