おひとついかが?のこころ

昨日触覚・皮膚感覚について考えてて
染物をする時も染料に素手で触って
感じている情報あるよなあとか
ほんとにたくさん思う事があるので、
あれこれポカポカ考えながらミスドでお茶していたら
後ろからバタバタバタ・・・って袖を叩かれた。
うっわー誰??
怖すぎ~って恐る恐る振り返ったら、
「ストール落としてますよって」ご指摘でした。
ありがたいんだけど、びびる。。。
こういう時、人間も野性の動物なんだなって思う。
見ず知らずの生き物と距離って大事なんだよう~TT

そういえば私が今年の目標にしていることの中に
「ポケットの中のビスケットをシェアするくらいの力加減」
というのがあります。
人と一緒に仕事をしたり旅したりする時に、
手持ちの中のおやつをおひとついかが?って分け合うような感覚。
去年はとにかく「無理したい」がブームだったので
かなり違うパターン。

今の自分の手持ちのもので
(更に何かを学びに行くというより)
新しいことをしてもいいと思うし
今までのことを更に面白く、深くでもいい。
でもタイミングよく、ここだなって思う時に素直にシェアできる
無理の無い感じ。

誰かと仲良くなりたい時に、
菓子折りを持って行く感じじゃなくて
(あやしい態度ぽい)
飴でもどう?みたいな。
気楽で安心があって、なにより自分のハートを
尊重しているような感覚。
(実際いろんな職場で仕事してる最中
ちょっとしたお菓子を分け合うと空気変わってました)
でも これって書きながら結局自分との付き合い方なんだな
今気づいた。(笑)

もちろん実際菓子折りを持っていく行動が
ビスケット一枚な感覚だったらそれもありです、例え。
最近早速ちょっと無理することがあって、
なんだかんだ行ったり来たりですが、そこベースにすると
それでも乗り切る方法が変わってきているような気がする。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon