J.S.バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番」より

中丸まどかさん、はたりえさんによる
「薄墨の時~バイオリン独奏とオイリュトミーソロ~」の
お友達にコンサートのチケットを譲っていただいたので
お礼と感想を兼ねて
今日のそこらへんの神さま絵を描いているシリーズ。

描くのが遅れてダラダラしていたら
こんなに寒い夜に
ハチが部屋に入ってきたので
ミツバチのイメージがあるものも含め思い切って4連作。

明るい雰囲気で始まった一曲目の
J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番
BW1006よりガヴォットとロンドを聞きながら
湧き上がったイメージ順に掲載しています。

窓から出て庭を一周散歩してまた部屋に戻るように
日々、宇宙に出会っては、日常に戻っている
そんな繰り返し

1枚目は「雨の窓」

Oil pastel on brown paper /size: 24 x 18 cm [The window and rain]

2枚目は「ミツバチの庭」

Oil pastel on brown paper /size: 24 x 18 cm [The garden of a honeybee ]

3枚目は「雨上がりの芝の上を」

Oil pastel on brown paper /size: 24 x 18 cm [ On the lawn after the rain ]

4枚目「あたたかい部屋」

Oil pastel on brown paper /size: 24 x 18 cm [ a cup of tea ]

4 oil pastel drawing inspiration are from J.S. Bach [Gavotte en Rondeu Violin Partita No.3 in E major BWV 1006].

そこらへんの神さま絵とは?
アドベント絵・そこらへんの神さま絵の販売について
★ 1月4日〜20日「一人一展」
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon