Day9 「エレファントカシマシ 宮本浩次」

降誕節9日目、こちら歌のエンジェル
エレファントカシマシの宮本さん。
よく聞いたなあ今年一年
サチモスと同じくらい??
って趣味が雑多で お恥ずかしい。

偶然、ある私の心のどん底の春に
彼の歌う「赤いスイトピー」の
トキメキ感に胸躍らせ
まだそんな感覚になってない
まだ死ねない….と思ってみたり、
彼の歌う「喝采」に
自分の心のどん底さ加減に酔っては
そこから再び笑ってみせようと
彼のよく言うところのドーンといって見ましょうを
なんども噛み締めた。
聞いてるのはカバーだけじゃないよ勿論

歌って言葉にメロディーがついただけで
こんなに心を上げるかな〜ってくらい
同じテーマでも すっと寄り添って
パッと気持ちを 別世界に連れていく。
もちろん宮本さんの歌唱力や、彼の存在感もあって
それはとんでもなく・・・

何度も何度も
今立っているところが同じでも
まだ魂は別次元に行けるんだわよと。
可能性そのものを思う。

心底追い詰められたな〜って状況にいると
これが絶対いつか笑うなりなんなりの
ネタにできるから
二度と同じ気持ちにならないから
涙にくれても
描いておかなきゃとか
記憶しておかなきゃって装置が働くのは
性格なのか
そういうギフトなのか。
ありがたいような
ありがたくないような。

よい週末を

[Hiroji Miyamoto/ ELEPHANT KASHIMASHI ] Size: 2L/ 18 * 13 cm
Oil Pastel

東京代々木大人の隠れ家 カフェ ヌックで展示中「セント・ニコラスさん」
そこらへんの神さま絵とは?
アドベント絵・そこらへんの神さま絵の販売について
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon