「寿老人」そこらへんの神さまな時間

今日のそこらへんの神さま絵は「寿老人」です。
七福神のうちの一人で、
最近よく行く場所で七福神の像がそこかしこにあって
うろうろ眺めるのですが、その中でも特に寿老人にほっとする。

子供の頃に寿老人か福禄寿のような木彫りの置物や
中国の山水画のような景色が衝立に浮彫されていて
その景色の中に彼らのような仙人たちがいて
眺めているだけで心が満たされた時間とつながる気もする。

ただ幸せなフィーリングっていうのは
過去の時間にバンってアクセスする方法のようにも見えるけど
この時間は本当に過去なんだろうか。

気持ちを不思議と上げるものにつながる時間は
実は見慣れた景色のふりをした未来の時間からの
メッセージだったりするのかもしれない。

そこらへんで神さまに出会うのは
過去の蓄積の今の自分が反応しているのでなく
ただ今の自分が未来からの風にただふり返る
一つの動作を言うのかもしれない。

[Jurojin – longevity] Size: 2L/ 18 * 13 cm
2017年11月21―23日「marumoci Christmas Market in HARAJUKU」展
そこらへんの神さま絵とは?
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon