「政次(高橋一生さん)」

今日のそこらへんの神さま絵は 久しぶりに大河ドラマで
おんな城主直虎より「小野但馬守政次(おのたじまのかみまさつぐ)」です。

政次の芝居は。。(正しくは高橋一生さんの芝居なんだけど)
あの空間にいる政次は ほぼ眼球しか見ていません。
時々口元みるけど。(恐ろしいタイミングで口角上がってるし)
眼球だけで、ああ、物語の中に今いるんだなあってリアルな感じと
その世界の中での本当に感情が動いているように見えてきたり、
また同時に目から政次の人生にはもっと別の人生の側面があって
4つくらいが同時に重なって今の政次が見えてくる感じ。。。すごい。
ジワジワジワ・・・目から物語をかみしめています。
このドラマの中で他に目だけ見てたいな~と思うのは
龍雲丸の柳楽優弥さん。

現代を生きてるはずの役者さんたちのお芝居に
物語は史実にフィクションに入り混じって
不思議な時の旅を楽しませてもらってます。

[Masatsugu Ono tajimanokami / Issei Takahashi ] Oil Pastel / Size: 18* 13cm
そこらへんの神さま絵とは?
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon