アトリエのマンダラ

img_8985.jpg

紙一重、布一枚で別世界へ行けたらなんて。
人間のイメージの世界で有りだ。
というわけでアトリエに飾ってる白い布に
曼荼羅を描きました。

今回のテーマは
最近のマイブーム 北島三郎さんの「祭り」

北島三郎バージョンと
クレイジーケンバンドバージョンを
交互に聞きながら描きましたよ。
そもそも歌詞が
そこらへんの神さまスケッチ好きに響く
「山の神 海の神 今年も本当に ありがとう」ですから。

人間って生きるために山に入り
海に出て行っては 命をもらい
それを命がけで手にして命を繋いできたわけで
この歌で その大きなつながりのイメージが
押し寄せてくるわけです。

そしてこの男だ祭りだって騒いでますがね
クレイジーケンバンドの横山剣さん、
ふんどしも 祭りも縁ないし
そしてお酒も飲まないって。。。
北島三郎さんも たぶん漁とか狩りもしていないんだろうなあって。
(想像ですが、若かりし頃から歌に目覚めてるのだもんね)
そして響くなあ~って歌を聞いてる私自身
食べてる動物も飼いならされた家畜です
ブタ、トリ、ウシ、山にいないの。。
でも歌を聞いてる時はそんなこと忘れて
海と山の神を思う。
歌の作品の世界では
どんな意識にもつながれる

そして私らもっと創作の中で
心は自由だ〜

世界に一つのタイダイ染め「イメージ・クロス」
9月28日、10月2日お絵描きの会《ご予約受付専用》
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon