さざんか梅雨の合間に

さっき天気予報で言っていた。
この曇りがちな日々をそう呼ぶんだって。
山茶花梅雨。

今まで北の国に憧れがあったけど、
この日照時間の短さに少々反省してしまうくらい待ってました。
隙間に晴れ上がった時間をこれでもかあーと
道に迷ったふりして 迷い歩きながらを堪能。
いい感じの氷川神社にたどり着いちゃいました。

   

    
   
 

狛犬さんがお乳をあげていました。
もう一方の狛犬さんは、子守してるみたい。

イタリアの街角にあるローマ建国の父像
(狼に育てられている双子のやつ)を
道中に見つけるような感じ。

本物の動物に出会うのも嬉しいんだけど、
動物の像にひょっこり出会えるのも
何とも嬉しい景色なんだよなあ。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon