動物を描くのに、着る人のイメージを色で用いるのはなぜ?

今年インドの仏展に行った時何世紀も昔の人たちにとって
お釈迦さんの姿が具体的な像となってあるのは本当に画期的なことで、
こんな生まれで、こんな人生をたどって、こんな様子で悟ったらしいって
そんな様子をただ話として聞けるだけでなく、像やレリーフが全て物語ってくれる。
現代で言えば大好きな俳優さんが一枚のポスターで
全てを物語るような衣装に背景に表情に現れているそんな感じでしょうか。
(勿論それ以上なんだけど、例えいまいちですんません)
それを何世紀も昔、悟った人の姿で表してくれたら私も一目見たいし
うちの街にもぜひ欲しい!ってなる。
現にそれを量産するために型で粘土を押したら量産できる道具も展示されてあって
ああー気持ちわかる!の連続でした。

方法は変わって絵は点と点をつなげたものなのに、
本物に見えるとか、本物以上の存在に思えたり、
二次元でありながら心は本物に出会った時の喜びを引き出すことができる。

マルモッチのオーダー製作で目指す「お守り」にとって
御本人の喜びの気持ちは大事な要素です。
そういうことで手描きTシャツ「あなたの好きな動物お描きします!」は好きな動物に
あなた自身から発するエネルギーの色をミックスしてお描きしています。

既に他の方がお召しになっているTシャツと同じものへのリクエストは
そのお召し下さってる方が好きな方なら同じものが欲しいお気持ちも
一つの喜びとして大切にしたいのですが
姿を拝見して製作し、その方にとってのお守りになる色をベースに
動物を描かせていただいたものなので、
同じ動物へのリクエストいただいた場合でも全く同じ結果は出ないと思います。

顔形があなたに似た人がいたり、近づきたい人はいても
全く同じ人はいないユニークな存在
過去のあなたでもなく、たった今のあなたがユニークで素晴らしい
そんな祝福を前提とした「お守り」となる作品を提供しております。

8月31日マデ★真夏のスペシャルギフト★オーダー製作 手描きTシャツ「あなたの好きな動物お描きします!」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon