医触(色)同源??

色を見ているようで見ておらず
形を見ているようで見ておらず
一体この目は何をみているんだろと思う時がある
街で通りすがりに なんだか素敵な人だと振り返るような時
一番自分に飛び込んできていたのが
その人の着ていた服の質感だったりする。

同級生の白髪の多い男友だちに久々に会うと
ひたすらこっちの白髪をチェックされていて
お前も多いけど おれも増えただろう?って聞かれる。
しかしなぜか相手のことを記憶している印象は
顔から上カッサカサの質感で記憶しているので
白髪の量はわからないんだけど、なんだかざっくり顔から上が
グレーでカッサカサのイメージなもんで聞かれても増減で表現できない。
しかし人によっては 会うたびに白髪増えてるな~という見方があるようだ。
そんなザックリの質感でしか覚えてないので
ある時の彼への旅のお土産をリップクリームにしたら
なんでリップクリーム????って質問が飛んできた。
実際マジマジとみたら サラサラっぽいけどカサカサではなかったんだよなあ。
でも口の色は妙に乾燥してそうな赤っぽい色だったんだけど。
結局色合いと質感が混ざった記憶なのかな。

話は変わって医食同源という言葉は馴染み深く
沖縄で「ぬちぐすい」美味しい食べ物が命の薬になるという表現もあると聞く。
食ってすごく健康に重要視されるんだけど
衣食住の衣もそもそも食と並ぶくらいの生活の大切な要素のうちの一つなんですよね。

それで最近マイブームは眠る時に何を着るか。
冬なので温度調節も大事なんだけど
何を肌に触れて眠りたいか?色でも素材感でも
一度ぜひ聞いて選んで寝てみてください。
意外なものを着て寝たがる自分がいるかもしれないです。

私はこの冬全然くたびれていない外用の染め半袖Tシャツ(寒いのに)を
どうしても着たくなって着て寝ると、布団に入るだけでも気持ちよく、
眠りって改めて気持ちいい~♡ いいチャージになるんです。
そして求めるテイストも変わっていきます。
天然繊維が全て良いとかそういうのでもなく、
しっくりくる織とかもあるし、あ、やっぱり色もある。
そしてこんな半袖で寝られるのはフカフカのポリの毛布とのコラボでもあるからなんですよね~。
とにかくクローゼットの中を見渡して、寝るときに本当に着たいもの探しオススメです。

よい夢を!

marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon