壊れてなんぼ?

沖縄へ旅立つまきちゃんのフラダンスの動画を
今の東京で撮っておきたくて 
そしたら新作のパウだ・・
大慌てで今週は紐パウを製作していました。
そしたら一枚縫い終わりそうな時に・・・
この生地化繊が入ってるやつじゃなかったけ?
染まらないかもね・・・アヘ?アヘ?
それで再び別の生地を縫うことに。

そんな事情をまきちゃんに話したら
その染まらないかものパウ持って
一緒にベーシックステップのWSに行こうよって展開に。
それで染まらないなりにも 
どのくらい染まるか試しに自分の為のパウとやらを染め始めました。
(自分のと決めて染めるのは久々かも
ちゅーか自分のパウ・・・照れる オッサンか??)

テーマなんだろうな~って ipodの中から
ひらめく曲を選んだら
最初は「Wild Wild Love」(Pitbull ft.G.R.L)
だったんだけど、
その次に流れて来たのが
「Timber」(Pitbull ft.Ke$ha)

ケシャの存在感って 調和というより
調和を壊すことを恐れないというか
壊れてるんだけどそれが調和になってるところが
魅力かなあなんて思いながら染めてたら
今週の自分の思い描く調和を壊したくないばっかりに
エネルギーすり減らしてたんじゃない?ってことに気づかされたり。
製作の途中に湧いてくるインスピレーションは
やっぱり自分へのメッセージだったりするんだけど
自分のだから余計にくる。。。ぐうう・・

そしてふと昔NLP研究所の堀井恵先生から
「ラ・ポール(心理学用語でクライアントとセラピストの間の
信頼関係を橋に例えた用語)が切れたら、かけなおせばいいんです。
なぜなら私たちはそれが出来ることを知っているから」
と言われた時の衝撃を思いだした。

何か調和とか信頼とかって壊れたらそれでお終いになるのを恐れ
つい今の関係にしがみついてしまうことってある。
壊れても、離れて行ったとしても 
繋ぎたいって気持ちがあれば
繋げたり、さらなる大きな調和を作りだせる
自分がいることにもっと信頼していいんじゃない?

もし今回染めた色の染まりも冴えなくて
隣り合わせが気持ち悪い色になったとしても
またそこから 何か作り込んでいける自分が既にいることを
知ってるよね?ね?って 
色を見ながら日常を振り返る、そんな一枚になっていると思う。

近々する引越しも、ばんばん色んなものが離れていくことになるんだが
一度離れていく、でもきっと縁があれば出会う
そういうことの確認作業だったりするのか?とか思いめぐらすなあ。全く。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon