黒について

Poloshirts2014 103

今回これはまたいい感じにポロシャツを
黒く染めたので黒についてふれてみることにしました。

私にとって黒は「休息」からの「集中」に最適な色です。
例えば、ゴロゴロしたいけど、
部屋を片付けてからとか、
それを済ませておかないと集中して
休むこともできないわいっの状況によく黒を着ています。
ぼーっともしてるけど、シャキっともする。
色々なセンサーをオフして、気を散らさずに
最低限のことに集中して
深い休息を作り出す「ポーズ」の色。

肉体が弱っている時、精神的な落ち込みの充電に使う色も勿論ある。
黒の場合は充電もしたい、でもじっとしていられない
この先があるから今をしっかりと・・・
じゃあ一瞬リセットを挟み込む 
一見ちょっとわがままにも見える休み方みたい。

コース料理のお口直しとか
(口の中が今までの流れの味覚をリセット)
楽譜に休符があるような感じとか
(曲が終わってるわけじゃないけど音はない)
そういうポーズです。

ポーズと言えばってことで
ヨガをやっている友だちに聞いたら
「ヨガはね、ポーズをしたら必ず
“シャーバアサナ/死体のポーズ”っていうのを
セットで本当はポーズになるのね」
そう教えてくれました。

もしかしたら色んなところで
一個一個のことを効果的に?無事に終えるために
直前や直後での「停止」、「休息」、
「死」に象徴されるようなものを積極的に
挟み込む文化や仕組みがたくさんあるのかもしれない。

そういえば今回の黒を染めて驚いたのは
黒の染料を使うほど、
そこに光があるのを強く感じたことだった。
やっぱり黒って、闇の中にぐっと集中させてくれて
新しく明るい境地にパッと連れて行ってくれる
ブレイクスルーに向けて反動の色でもあり
成長には休息を上手に挟み込むことが不可欠な気がしています。

深く休める「休息の色」さてどんな色を思い浮かべますか?

marumocci art shop
6月21日 夏旅の友、ビッグTシャツ&ガーゼ・ストール、足袋作り ワークショップ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon