Day4 「モミジノニシキ」

遅れがちにアップしてます
クリスマスアドベント絵 4日目は
「モミジノニシキ」
完全に季節が後ろ倒し

どこの神を神だと呼ぶのか
ダライ・ラマ的にはやはり宗教や真実は一つというのは
個人レベルでは有効ですが
社会の中では様々な宗教が
もっと調和していく方向になるのでしょうね。

その中で私個人としては
区別なく自分の中にある様々な神さまとの親和性を
正直に作品にしていこうと考えています。
その日その時、今日は神さまからのプレゼントかもしれないと思うから。

百人一首の
「このたびは 幣も取りあへず 手向(たむけ)山
紅葉(もみぢ)の錦 神のまにまに 」
菅家(菅原道真公)
が好きで
どこかに出かけて紅葉を見ると
いつも心の中でそれをしずかに呟いていた。

道ばたの道祖神にお参りする時に
ヌサ(捧げるきれいな紙切れや布切れの代わりに)
とりあえず色づいた紅葉を神に捧げましょう
神のみこころのままに

いつも取り急ぎな日々だけど
神さまがそんな取り急ぎを糾弾するような気もしない。

そして大好きな歌を紅葉の景色の目の前で
誰かが言葉にして読み上げるような
リアルなことがおきたら
このうれしい気持ちをそのまま神さまに捧げたい。
この世の神羅万象はすべてプレゼントで
取り急ぎ返せるものはただ感動というエネルギー、

[Maple leaves for the travelers’ guardian deity] Size: 2L/ 18 * 13 cm
アドベント絵・そこらへんの神さま絵の販売について
そこらへんの神さま絵とは
marumocci art shop

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on StumbleUpon

コメントを残す